凸と凹で施す「エンボス」は 平らな紙を立体的にみせるマジック。

コラム

紙をはじめ布、皮革、金属、プラスチックとさまざまな素材で行われる加工法に「エンボス加工」があります。
表面を浮き上がらせ、見た目と手触りの両方の効果をもたらす技術で、金属ではナンバープレート、プラスチックではクレジットカード、視覚障害者向けの点字も「エンボス加工」です。

エンボスとは

「エンボス(Emboss)」について、まずは言葉の意味から。
「Boss」は親分、社長などのあの「ボス」の他に、装飾などにおける「突起部分」といった意味があります。「突出したもの」を「者」と捉えれば「ボス」で、「物」と捉えれば装飾的な「突起部分」ということ。
接頭辞の「~の状態にする」の「en」が、「b」 の前なので「em」になるということで、名詞の「boss」の前に 「em」をつけて「浮き出しにする」といった意味の動詞として使われたようです。

印刷物の「エンボス」

印刷物の加工技術として「エンボス」を捉えてみると、平らな紙を立体的に浮き上がらせることができるため、高級感を演出できデザイン表現の可能性を広げる技法です。
一般的な加工方法は、凸版と凹版の間に紙をはさみ、プレスして表面を浮き上がらせる方法。日本ではあまり馴染みがありませんが、名刺や封筒などに刻印を押す「エンボッサー」という手動のプレス機があって軽く押すだけで誰でも気軽に「エンボス加工」が楽しめます。

自動平盤打抜機でのエンボス

欧米では手紙を封印するために蝋を使用し、その上に刻印して、封印するという「封蝋ふうろうという方法がよく使われています。 印刷会社における「エンボス加工」も、基本的には「エンボッサー」と同様に圧を加えて、紙を凸状に浮き上がらせ ることができ、自動平盤打抜機で、エンボス型を使用して浮き上がらせることができます。

ホットスタンプでのエンボス

他には一般的に箔押しと呼ばれるホットスタンプという方法があります。加熱した凸版でプレスするこ とで、金箔、銀箔や、色箔などの素材に吸着させ、転写させる方法です。この際に色を使わずに行えば、こちらも空押しといわれ る「エンボス加工」を施すことができます。

エンボス加工のされている用紙

「エンボス」といえば印刷用の用紙についてもふれておかなければなりません。ご存知の方も 多いと思いますが印刷用の用紙 には、レザックシリーズをはじめ、 さまざまな模様を「エンボス加工」し、質感や特徴をもたせた特殊紙が数多くあり、さまざまな用途に応じてお選びいただけます。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る