中綴じ・無線綴じどちらが良い?メリット・デメリット比較

課題解決

「中綴じ」「無線綴じ」とは?

製本の代表的な綴じ方「中綴じ」と「無線綴じ」。針金(ステッチ)留めして製本するものが「中綴じ」であり、一般的には雑誌の製本に多く使われています。一方、糊を使って製本するのが「無線綴じ」、子どもの頃におなじみのテキストやドリルで多く見かけた製本方法ではないでしょうか。
このよく見る製本方法ですが、「私が作っている印刷物はどちらの製本にした方がいいんだろう」と悩んだことはありませんか?
そんな方のために今回は「中綴じ」と「無線綴じ」の違いを解説します。

「中綴じ」のメリット

無線綴じと比較すると、中綴じは工程が少なく安価です。また、ページ数が少ない冊子に最適です。無線綴じは糊を使って製本するため、どうしても糊の分だけ、厚みが出ますが、中綴じは針金で留めるだけなので、厚みがでず、すっきりとした仕上りになります。

「中綴じ」のデメリット

中綴じは図のように、二つ折りにした紙からできるため、4の倍数の頁でなければ作成することができません。半端な数字があると、中央部分での針金留めができないため、抜け落ちてしまいます。また、頁数が多すぎると針金が通らず、中綴じ製本ができないことがあるため、注意しましょう。

「無線綴じ」のメリット

無線綴じは糊で製本するため、中綴じのように4の倍数のページ数でなくとも、製本が可能です。また、ページ数が多いものは中綴じよりも無線綴じがオススメです。糊を使って厚みのある冊子を作れるため、ページ数によっては背表紙に文字を入れることができます。本棚などにしまっておきたいよく使うマニュアルやカタログは背表紙に文字を入れられる無線綴じがオススメです。

 「無線綴じ」のデメリット

中綴じと比較すると無線綴じは若干高くなります。また、糊でしっかりと接着することで製本するため、見開きの絵柄などはめいっぱいに頁を開くことができず、向いていません。
ただし、頁数の多い冊子でもPUR製本(糊の部分にPUR系のホットメルト接着剤を使用した製本)などの製本方法を使って、頁の開きをよくすることができます。

いかがでしたでしょうか。こちらに載せたのはそれぞれの製本方法の一例です。
もっと詳しく知りたい方は、お近くの印刷会社さんに一度相談してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る