型抜き加工の際に使われる意味のわからない言葉「トムソン」の謎に迫ります。

コラム

「トマソン」をご存知ですか?
正確には「超芸術トマソン」で、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念です。創作意図が存在しない、視る側による芸術作品を、皮肉を込めて称したもので、語源は、空振りを見せるために四番に据えられ続けたといわれる、プロ野球、読売ジャイアンツの元選手のゲーリー・トマソンに由来します。ちょっとしたブームになったのは70年代の頃の話ですから、知らない方が多いと思いますが。

では、印刷用語というよりも、印刷の加工過程の型抜き加工について説明する際にたびたび登場する「トムソン」についてはいかがでしょうか。「トマソン」以上に謎の言葉で、ご存知でない方も多いと思いますので、今回は「トムソン」の謎に迫ります。

トムソン型

紙の型抜き加工の主流は当社にもある「自動平盤打抜機」。抜き型を作って紙に穴をあけたり、さまざまな形に抜く加工です。ベースの板に溝を掘り、その溝に鋼の刃物を埋め込んだもので印刷物を型抜きします。この時の刃を埋め込んだ型を「トムソン型」と言います。Illustratorなどでつくった型のデータに従って、レーザーで木型に切れ目を入れ、刃を曲げて切れ目の入った木型に埋め、必要な部分にゴムのストッパーを取り付けます。「トムソン型」は紙を抜くだけでなく、折り目などのスジを押したり、ミシン目を入れたり、空押し加工のような装飾を施すこともできます。

なぜ「トムソン」と呼ぶ?

それがなぜ「トムソン」なのかは、型抜きの歴史を遡ってやっとわかりました。
「トムソン型」は1909(明治42)年に米国で発明され、日本に輸入されたのは1912(明治45)年頃といわれています。ではなぜ「トムソン」かといいますと、この「トムソン型打抜機」を発売したのが、活字自動鋳造機の開発などをしていた米国のトムソン・マシン社(現トムソンナショナルプレス社)で、発明者がジョン・S・トムソンだったからです。

特に謎めいたこともなく、すんなりと「トムソン」を理解できましたが、開発から1世紀以上経っていることには驚きました。印刷物のどこかに型抜き加工がされていると、手に取る側は、ワクワクするもの。当社の2台の「自動平盤打抜機」もアイディアに富んだワクワクするような型抜き作業を日々待ち望んでいます。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る