印刷の際に重要な役目を果たす色玉

コラム

よく知っているものでも名前についての認識がない、というものが意外と多くあります。たとえば、床屋さんの赤白青の螺旋模様の看板は「有平棒」、金魚すくいに使う網は「ぽい」と呼ぶそうです。
では、福引などに使われるハンドルのついた多角形状の箱、通称「ガラポン」の正式名称はわかりますか。答えは、「新井式回転抽選器」。大正時代に帽子屋を営んでいた方が客へのサービスで行った抽選会で、帽子の箱を利用して抽選を行ったのが始まりだそうです。もともとは四角形や円形だったようですが、ガラガラポンと出てくる色玉の音の鳴り方や、見た目のよさから現在の形に落ち着いたそうです。

色玉をご存知ですか?

色玉といえば、印刷の品質管理に重要な役割を果たすものに、「色玉いろだま」というものがあります。これもよく見かけるけど名前の認識がないものの一つ。製本された印刷物ではあまり見かけませんが、印刷物の刷色や版数(色数)の確認やインキの濃度管理のために、仕上がりの外側やトンボの近くに配置する印刷物管理マークのことです。食品などの商品パッケージの糊しろや折りしろで、たまに見ることができます。切手の好きの方は、切手シートを買うと、切手のまわりの「耳紙」と呼ばれる白い部分に「色玉」を見ることができます。ちなみに切手の場合、基本の4色に、特色が2色~4色くらいプラスされているケースも多いと思います。
大きさはだいたい5㎜~10㎜程度。「色玉」と呼ばれることから元々は円形だったと思われますが、特に定められた形状はなく、単純な円形や四角形の他に、印刷会社独自の形やキャラクター風のものまでいろいろ。基本4色の場合はCMYK、特色の場合はインキの番号などの文字が記載されることもあります。フィルム製版が主流だった時代には、下版の際にネガ現像された製版フィルムが使用されていたため、「色玉」は各色版の識別において重要な役割を担っていましたが、CTP(Computer-to-Plate)化された現在では、より制度の高いインキの濃度管理や、キャリブレーション(色補正)のために、各版のベタだけでなく網点の濃度を変化させたり、C+M、C+Yなど各版同士を重ねた色を見せたりするものも多くなっています。
当社の「色玉」も時代とともに変化してきました。現在の「色玉」は「カラーバー(カラーパッチ、コントロールストリップ)」という名称。CMYKのベタや平網の四角形がグラデーションのように連なったような形状のものが使われています。印刷機のオペレーションスタンドに測定器が付いているため、「カラーバー」を読み取り、色の濃度を測定しインキ量を自動で調整できるようになっています。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る