印刷色はどうやって指示をする?「あさい」「ねむい」とは

課題解決

写真などを印刷したとき、「全体的に少し明るすぎるな。」「もう少し鮮やかな写真にしたいなぁ。」と感じたことはありませんか?
モニター画面上ではキレイに見えていても、実際にプリントアウトしたとき、「思っていたのと違う!」と思ったことがあるのではないでしょうか。

モニター画面で色を表現するときと印刷で色を表現するときでは、表現の仕方が違います。
テレビやスマホなどでは、色はRGB(赤・緑・青)の光を混色させて表現され、印刷物では、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)のインキを混色することで表現されています。そのため、画面上と印刷物とで色味の食い違いが起こってしまうのです。

色味を調整したいとき、どのように伝えたら自分の思ったとおりの色味に修正してもらえるのか困ってしまったことはありませんか?「こんな風にしたい!」という想いがあっても、それを言葉にするのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、その悩みを解決する色味修正を指示する用語を二つ紹介します!

色味修正指示「あさい」

色味修正における「あさい」とは、色の凹凸が少ない状態をさします。「色が薄いな。」「色がすかすかしているな。」と感じたときにはぜひ使ってみてください!色の濃度を上げ、インキを濃く修正します。「あさい」の反対語としては、「重い」「暗い」などが使われます。こちらもぜひ使ってみてください。

色味修正指示「ねむい」

画像が「ねむい」というのは、コントラストが弱いときに使われます。模様や色がはっきりしておらず、締まりがなく、くすんでいるようなときのことをいいます。このようなときには、「コントラストを強めて!」とお伝えください。

専門用語というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、「あさい」「ねむい」のように自分のイメージを相手に伝えやすくする場合もあります。
実際に上の画像をきれいに修正してみると下のようになります。

難しいと思わず、簡単なものから使ってみませんか?自分のイメージが伝われば、よりよいものができるはずです。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る