【本機色校正と簡易色校正って何が違うの?】色校正の種類について

クリエイティブ / 印刷

印刷会社へ印刷物を依頼したとき、自分が想像していた色味と、違う色の印刷物が納品された!という経験をしたことがある方はいらっしゃいますか?
例えば、写真が思っていたより暗い…とか、肌の色が赤い…とか。

このようなトラブルを解消するために、「色校正」という方法があります。本番の印刷をする前に、どのような色味で仕上がるのかを事前に確認できるのが「色校正」です。

本機色校正と簡易色校正って?

色校正には、大きく「本機色校正」「簡易色校正」の2種類があります。

本機色校正とは、本番と同じ印刷機、インキ、用紙を使用するため、厳密な色合わせが必要となる、商品カタログなどに向いています。

簡易色校正は、DDCP(ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフ)校正とも呼ばれており、専用紙を使用し、インクジェット出力で疑似的に色を再現するため、本機色校正と比べると再現性はよくありません。
ですが、色校正にあまり費用をかけられない場合は、簡易色校正を選択される方も多いです。(ページ数や出力する枚数によっては、本機色校正と金額が逆転する場合もあります)

どちらにもメリット・デメリットはありますが、色味にこだわりがある場合は、本機色校正をとることをオススメします。

野毛印刷の色味のこだわり

当社福浦工場は、印刷における標準規格「Japan Color認証制度標準印刷認証」を2011年に取得し、以降更新を継続しています。

この認証制度は、お客さまが指定する色を適切に再現していくために定められた制度となっています。更に、当社では印刷機、簡易色校正出力機、オンデマンドプリンタ、プルーフ出力用プリンタ、モニタなどのカラーマネジメントを行うことで、各デバイスにおける色管理を徹底し、品質の維持・向上に努めています。

どのような印刷物を作るかによって、本機色校正・簡易色校正、どちらが適切なのか変わってきますので、お気軽にご相談いただければと思います。

 お問い合わせ

《関連記事》
こちらもあわせてご覧ください!

【印刷会社社員が教える】色校正をスムーズに進めるためのポイント

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る