【斤量とは?】紙の厚さを表す単位について解説!

クリエイティブ / 印刷

以前ヒラメキ工房では、「印刷用紙についてほんのさわりの豆知識」として、印刷用紙の解説をしました。

今回は、そこから用紙の厚さを表す「斤量(きんりょう)」に焦点を当て、さらに深堀してみようと思います!

「斤量」ってどういう単位?

印刷業界では日常的に「斤量」という言葉が飛び交っていますが、斤量とは用紙の厚さを表しており、連量と同じく原紙を1,000枚重ねた時の重さ(kg)のことを指します。(※板紙の場合は100枚)

つまり、斤量は数字が小さくなるほど薄く、大きいほど厚くなるのです。
ただし、紙の種類によって密度が違うので、同じ斤量でもごく僅かですが1枚の厚さが違うこともあります。
(例えば、斤量が同じ「110kg」でも、コート紙は0.1mm、マット紙は0.13mm、上質紙は0.15mmというように、紙の種類によって厚さが異なるんです。 ※銘柄による若干の差異あり)

斤量は用紙を1,000枚重ねた時の重さ、とお伝えしましたが、「FSユースマット菊判76.5kg」で1,000枚、というとこのくらいです。

ちょっとアップすぎて伝わりづらいかもしれませんが…この包み4つ分の中身を合わせると76.5kgになる、ということなんです。

例として挙げた「FSユースマット」は、当社おすすめの寄付金付プライベートブランド用紙です。詳しくはこちらの記事を読んでみてくださいね。

寄付金付プライベートブランド用紙「FSユースコート」「FSユースマット」 の生産現場訪問記

ちなみに、印刷用紙を発注するときは、用紙銘柄規格斤量紙の目の4点セットで指定します。例えば「ユーライト、菊、93.5kg、Y目」というように。
この場合、「ユーライトの菊判(636✕939mm)の厚さが、93.5kgのY目の紙」という意味になります。

紙を指定する時に、この4点をスラスラ言えるとちょっと玄人っぽく見えますね!

ちなみに、競馬で使われている「斤量」とは、レース中の馬が「騎手の体重+重り」で何kgの重さを負担するのかを表しているのだそうです。

アイテム別に見る、斤量の目安

ただ、用紙を数字で何kg!と言われても、正直あまりピンと来ませんよね?
そこで、一般的な印刷物を例に挙げて、アイテム別に用紙の斤量の目安をご紹介します。

用紙は、印刷物の用途やイメージに合った、厚さや種類を選ぶことがポイントです。
名刺はよくコート紙180kgが使われていますが、もっとしっかりした印象を残したいから厚い名刺にしたい!という場合は、180kg以上の用紙を選ぶこともあります。

最近では、TOKIOの木板の名刺の厚さが話題になっていましたね!
あれは福島の杉を使用して、一枚1.2cmの仕上がりだったそうです。

また、チラシはコート紙又はマットコート紙の46判90kg(=菊判62.5kg)が一般的ですが、やはり少し厚みを持たせたい場合は、46判110kg(=菊判76.5kg)を選ぶお客さまもいます。
折込チラシの場合や、DMで郵送料金などを考慮してもっと薄く(軽く)したい場合には、46判73kg(=菊判50.5kg)以下を選ぶこともあります。

やはり、印刷物の目的・用途に合った用紙を選ぶことが大切ですね。

以上のことを踏まえながら、印刷物を作るときの参考にしていただけたら幸いです。

もちろん、「そんなことを言われてもよくわからない!」といった場合でも大丈夫です。その時は、我々印刷会社にご相談いただければ、目的・用途にあった用紙をご提案いたします!

 お問い合わせ

《関連記事》

名刺といえば、こちらの記事で名刺の由来について紹介しています。
当社イチ押しの「ポップアップ名刺」も掲載しているので、ぜひご覧ください!

「名刺の漢字の由来は?」「なぜあのサイズなの?」名刺についての豆知識

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る