紙は何からつくられる?

コラム

紙は何からつくられるのか。木材からつくられるという答えは間違いではありませんが、正確なところは、日本国内では、分別による古紙回収率が高まる中、約6割は古紙を原料としてつくられ、残りのほとんどは木材から抽出される木材パルプでつくられています。木材は針葉樹と広葉樹の2つに大別されます。針葉樹からつくられたパルプは、ドイツ語で針葉樹を意味する 「Nadelbäumek」から「N材」といわれ、主にモミ、マツ、スギ、ヒノキなど。繊維が長く、強度の強いパルプが生産できます。同様にドイツ語で「Laubholz」の広葉樹は「L材」といわれ、ユーカリ、ポプラ、アカシア、カシなど。繊維が針葉樹と比べて短いため、紙の強度は「N材」に劣りますが、紙内部の密度が高くなるため、キメの細かさが特徴。これらをバランスよく配合することによって、機能や用途に合った紙をつくることができます。

意外と多い紙の原料

では、紙の原料は木材以外に何があるのか。わら、麻、コウゾ、ミツマタ、竹、木綿、バガス(サトウキビ)、ヨシ、ハイビスカスの仲間のケナフなどの植物が使われています。今注目されているのはバナナ。世界125か国で栽培されているバナナは収穫のたびに茎を切るので、ごみとして捨てられるだけの茎を紙にすると世界中の紙がバナナでまかなえ、バナナペーパーが広がれば自然林が守られ、動物たちから住む森を奪うこともなくなり、環境も守られ、未来に美しい森を引き継いでいける、といういいことずくめが、バナナペーパーを推進する人たちの考え。狙い通りにゆけば「途上国支援」にもつながります。

植物繊維以外でも用途に合わせた特殊な紙がつくられています。ガラスの繊維を使った「ガラスの紙」、セラミック繊維を使った「熱に強い紙」、当社の「大地震対応マニュアル」に使用している「ストーンペーパー」は「石からつくられた紙」ですが、水に強く、耐久性に富んでいます。合成樹脂でつくられた紙は、折り曲げても、もとの形に戻るということで、選挙の投票用紙に使われています。

平和折り鶴再生紙をおすすめ中

アメリカのオバマ前大統領が、広島の平和記念資料館(原爆資料館)を訪れた際、自ら折ったという4羽の折り鶴を持参しました。 「折り鶴」は平和記念公園内の「原爆の子の像」のモデルで、 12歳で亡くなった佐々木禎子さんが闘病中に折り続けていたことから、

広島において平和の象徴的な存在になりました。 今では、日本国内をはじめ世界各国から広島市へ折り鶴が捧げられ、 その数は年間約1千万羽(約10トン)にものぼります。 その一つひとつの折り鶴に託された想いを昇華させるために 回収した折り鶴を再生紙として甦らせる事業が開始され 、「平和折り鶴再生紙」が製造されています。

 

野毛印刷では、この事業に賛同し、 印刷物の用紙として「平和折り鶴再生紙」の使用を推奨しています。 さまざまな色の折り鶴から再生された用紙は、 白地をベースにカラフルに色がちりばめられ、 折り鶴に託した人々の平和への願いも込められています。

本事業の収益金の一部は、 広島市公認の平和貢献事業に寄付されています。 名刺やメッセージカード、メモ帳など使い方はいろいろ。 CSRの一環として、「平和折り鶴再生紙」のご使用をおすすめしています。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る