紙を何回折ると月に届く!?

コラム

雑学として覚えておくと役に立つかも。
実際に折ることは出来ませんが、紙を43回折ると月に届くそうです。

地球から月までの距離はおよそ38万kmです。
一般的なコピー用紙と同じ上質紙四六判55kgの紙厚は0.08mmです。
二つ折すると2倍の0.16mm
さらに二つ折すると0.32mm
さらに二つ折・・・二つ折・・・と繰り返して42回折ると約35万km
さらに1回折れば70万kmで月まで届きます。

紙の厚さとは

紙を43回も折ることは出来ないので実現は難しいです。
紙には厚さの種類が豊富にあります。
銘柄によって厚さは様々です。

下記表は日本製紙のしらおい上質の紙厚表です。

四六判換算
連量(kg)
紙厚
(μm)
45.0 66
55.0 79
70.0 97
90.0 125
110.0 149
135.0 182
180.0 234

 

一般的に紙の厚みで区別されているように思えますが、実は紙は1,000枚での「重さ」で換算されています。それを斤量と呼びます。紙を作る精度が良いので、概ね上記の換算表と同じ厚さになっていますが、厚さはあくまで目安です。基本的に紙は重さで計算されています。

束見本をつくりましょう

紙を何枚も重ねると意外と厚さがあります。
何ページにも及ぶ冊子の場合、表紙の斤量と本文の斤量を何にするかで冊子全体の厚さや重さが変わります。

持った時の読み易さや保管のし易さなどを考慮し、斤量を決めます。
もし冊子を作る際に、事前にどんな冊子になるのかは見本を作っておくと良いです。

それを「束見本(つかみほん)」と呼びます。
是非、冊子を作る際は、用紙の種類や厚さ、紙のコシなど実際に見本を作って確認してみましょう。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る