【意外と知らない豆知識】定規とものさし、実は違うもの?!

コラム

定規は印刷会社の必需品

印刷会社の制作現場では、DTPが普及する以前、線を引くための「定規」が必需品でした。一般的には直定規のほかに、直角二等辺三角形と半正三角形の2枚組の三角定規、長い直定規と短いすり定規を直角になるように取り付けたT字型のT定規など、主に平行線や垂線を作図するためや、版下作業に欠かすことができないものでした。雲形定規や円定規、楕円定規、任意の曲線を描ける自在曲線定規もよく使われていました。つまりDTP以前は定規なしでは仕事ができない時代でした。もちろん今でも定規は使用しますが、紙をまっすぐにカッターナイフで切るためくらいで、それ以外の使用は少なくなりました。

定規とものさしの違い

その「定規」と同じものと勘違いされそうな「ものさし」という道具がありますが、実は違うものだということをご存知でしたか?定規は筆記用具やカッターをあてがい、直線や曲線を引いたり、カットしたりする道具ですが、ものさしは物の長さを測る道具のことをいいます。

ものさしの歴史とは

起源はものさしが圧倒的に古く、目盛りの単位がない時代、たとえば古代メソポタミア文明では、稲穂の長さや牛の角の長さなどを基準として測っていたようです。
日本には中国の殷の時代に定められた「尺」という長さの単位が伝来しました。「尺」の文字は親指と人差し指を広げた形をかたどったもので、女性が手を広げたときの親指の先と中指の先までの長さ、17.3cmを基準として1尺と定められました。その後日本では世の中の混乱によって統制が乱れ、1尺という単位は変わらず長さが伸び続け、江戸時代の中期から後期にかけて、1尺30.3cmに落ち着いたといわれています。

定規の歴史とは

一方定規の起源は、古代ギリシャ時代に幾何学の作図に三角定規やコンパスが使われていたといわれ、測量技術が伝わった7世紀初頭には日本でも定規のようなものが使われていたのではないかと考えられています。
定規が一般的に使われるようになったのは、紙が普及し始めた近代ですが、江戸時代の浮世絵師や、家紋などを描く上絵師たちは、筆とガラス棒を、箸を持つような持ち方で持って、定規に彫られた溝にガラス棒を入れて、そのまま直線を引く溝引き定規が使われていました。DTP以前、当社にもこの溝引き定規を器用に使いこなすデザイナーがいたことを思い出します。

定規とものさしの見分け

ちなみに、ものさしと定規の見分け方は、目盛りの0の位置。ものの長さを測るためのものさしは先端かが0、定規は先端ではなく少し内側に0の位置があります。同じ形をしていてもそれぞれ道具としての役目があるということ、改めて認識しました。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る