紙のようで紙じゃない、合成紙「ユポ紙」とは?

クリエイティブ / 印刷

特殊な用紙?「ユポ紙」をご存知ですか?

皆さんは「ユポ」という紙をご存知でしょうか?
もしかしたら「名前だけは知っている」という方もいらっしゃるかもしれません。

というのも、この紙は選挙ポスター選挙の投票用紙によく使われているので、選挙が行われると、SNSなどで話題に上がっているのをよく見かけます。

他にも、自動販売機のポスター、飲食店のメニュー、ハンドソープのラベル、お風呂教材などなど…。ふだん生活しているさまざまな場面で「ユポ紙」は使用されているので、 一度は見たり、触れたりしたことがあるのではないでしょうか。

では、ユポ紙は一体どのような特長があるのでしょうか?
使用例でわかる方もいらっしゃるかもしれませんが、ユポ紙は水に濡れる機会の多い、ポスターやメニュー、水回りの印刷物に使われることが多いです。

ちなみに選挙ポスターによく使われるのも、雨風にさらされる屋外に掲出されるから。投票用紙によく使われるのは、ユポ紙の性質上折り目がつきにくいので、投票箱の中で勝手に開いて集計がしやすいから。という理由があります。

「ユポ紙」を使うことのメリット

ふだんチラシなどで目にしている、コート紙やマット紙、上質紙は「木材パルプ」を主原料として作られていますが、ユポ紙の主原料はポリプロピレン樹脂、要はプラスチックフィルムです。そのため、水や汚れに強い印刷物によく使われているんですね。

印刷再現性に優れる紙と、破れにくく水に強いフィルム、その両方の特性を備えているユポ紙の大きなメリットはいくつもあります。

1.【水に強い】水に濡れても強度の低下や形状の変化が少ない
2.【破れにくい】引っ張り、折り曲げ、衝撃などに強く一般的な紙に比べはるかに破れにくい
3.【表面がなめらか】均一のなめらかさを保つ表面なのでラミネートやコーティング加工との相性が良い
4.【油・薬品に強い】薬品類に濡れても品質の劣化が少ない
5.【環境にやさしい】資源として再利用が可能で燃焼時でも有害な塩素ガス等が発生しない

また、当社の印刷機はUV対応のため、一般的な用紙だけでなく、ユポ紙をはじめ、ポリエステルフィルムや塩化ビニルフィルムなどの素材への印刷も可能です。もちろん、フィルムを原料とした特殊紙への印刷も得意としています。

実際に「ユポトレース®」という紙を使用し、お洒落なハンガータグ(店舗装飾)を作製した事例もございます!ぜひこちらもお読みください。
*【透け感のある紙で上品な店舗装飾を】株式会社サンエー・インターナショナル様「ハンガータグ」

上記のような特長を活かして、印刷物の作成に「ユポ」を使用してみませんか?
お問合せは、下記フォームよりお待ちしております。

※合成紙「ユポ」は、株式会社ユポ・コーポレーションの製品です。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る