あんなものまで紙に!混抄紙ってご存知ですか?

課題解決

混抄紙って何?

当社は印刷会社ですからいろいろな用紙に印刷することができます。
変わった用紙としては、ポケット判大震災対応マニュアルに使用している「ストーンペーパー」。耐久性、耐水性に優れているということで、石から生まれた用紙を使っています。
社員用の名刺には、アフリカで生産されたバナナの茎の繊維に、古紙やパルプを加え、日本の和紙技術を用いて作られた紙で、途上国の貧困問題と、環境問題を解決したいという想いから生まれた「バナナペーパー」を使っています。
この用紙のようにパルプに異質なものを混ぜ合わせて抄いた紙を「混抄紙(こんしょうし)」と呼びます。バナナペーパーと同じようなプロジェクトとして、象のウンチから作られる「ぞうさんペーパー」もあります。この紙を使用した名刺を渡されたとき、必ず嗅ぎたくなることで、名刺交換の緊張をほぐすきっかけが生まれるそうです。もちろん臭いはありません。

折り鶴を再生させた平和折り鶴再生紙

バナナペーパーの他に当社でよく使用している用紙に「平和折り鶴再生紙」があります。
広島の平和記念公園内にある「原爆の子の像」に捧げられた折り鶴を回収し、再生させた用紙です。さまざまな色の折り鶴から再生された用紙は、白地をベースにカラフルな色がちりばめられ、折り鶴に託した人々の平和への願いも込められています。
名刺やメッセージカード、ショップカード、メモ帳など使い方はいろいろ。しかも、この用紙の収益金の一部は平和貢献事業に寄付されています。 

他にどんな種類があるの?

当社でもその種類が把握できないくらい、他にも混抄紙にはたくさんの用紙があります。
ネットで話題になっているのが「あずき混抄紙」。あずきを使った商品が主力の製菓会社が、あずきの皮を製紙工場に持ち込んで作ってもらっているそうで、紙袋や封筒などにあずき色の用紙を使っているそうです。
他にもトウモロコシの表皮や、落花生、コーヒー豆、麦などの薄皮、ぶどうの皮、ヨシ、お茶やサトウキビ、ビールなどの搾りかす、ホタテの貝殻の粉末、デニムジーンズの布の切れ端など、多彩な素材で混抄紙が作られ使われています。

私が一番びっくりしたのは役目を終えて細かく裁断された紙幣を抄き込んだ「裁断紙幣混抄紙」。一部の金融関係の企業の封筒などに使われているようです。

混ぜたものを浮き出すことで独特の風合いを出す混抄紙は、質感や見た目の印象はもちろん、リサイクルや環境配慮の意味合いも強く、お客さまのCSR活動の一環としての使用もおすすめしています。

TAG: 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る