オペークインキとは?

クリエイティブ / 印刷

オペークインキというものを皆さんご存知でしょうか?

まず、言葉の意味としてオペークとは不透明な、を意味します。
つまり、オペークインキは不透明なインキ、ということになります。
ですが、知っている方は知っているかと思いますが、インキは不透明ものではなく、透明なものです。
これはインキを重ねて色の表現をするためです。
ではなぜそもそもオペークインキというものが存在するのでしょうか?

オペークインキはなぜ生まれた?

それはまだ印刷がDTP化していなかった時代にさかのぼります。
写真製版などで使用するネガフィルムはどうしてもピンホール(穴)が発生してしまい、そのままだと印刷に支障がでてしまいます。そこでオペークインキで塗りつぶし光を通さないようにします。そのようにオペークインキは使用されていました。
しかし昨今印刷業界にもデジタル化が進み、そのような修正が不要になりました。
それではオペークインキも不要になってしまったのでしょうか?

実は、今もオペークインキは意外なところで活躍しています。

それは、印刷時のインキとして活用することです!
オペークインキの不透明な特性を生かしたデザインで活躍しています。
だいたいその場合、ホワイトを用いることが多いです。
また、紙地が濃いものだとどうしても墨や4色の掛け合わせだと可読性に欠ける場合があります。
そのような場合はぜひオペークホワイトをご活用ください。

当社でオペークホワイトを使用した事例「かもめ食堂」パンフレット

クラフト紙にオペークホワイトを2度刷りしています。
個人的に旅行の際に付けられるタグの部分がお気に入り。

デザインの幅が広がり、より効果的なデザインを作成することが可能なのではないでしょうか?
デザインをご入稿いただく際にオペークホワイトを使いたい、といっていただければOKです。
もちろん当社の営業にオペークホワイトを活かしたデザインを作成してほしい!というご要望もお受けできますのでお気軽にご相談ください。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る