デザインに欠かせない グラデーションって?

コラム

「大人っぽいスタイリングにしたいので、グラデーションカラーでお願いします」という注文に、すべての美容師さんが対応できるかはわかりませんが、髪の根元から毛先に向けて、少しずつ明るく見えるようにするカラーリングが、オシャレ度をアップさせるとか。
グラフィックやファッションはもちろん、照明、インテリア、建築からヘア、ネイル、メイクアップなどまで「グラデーション」はデザインに欠かせない表現のひとつです。

グラデーションの語源

その「グラデーション」は、印刷・美術・デザイン用語などで使われる「規則的に色濃度を変化させたもの」「階調」「連続階調」という意味で呼ばれるもので、色の濃淡、明暗、色彩などの規則的・段階的な変化を指す言葉です。
英語の「gradation」についての語訳を見ると、もともとは「順序立て」、「段階付け」という意味。語源は、歩み、過程、舞踊のステップなどを意味するラテン語の「グラドゥス(gradus)」で、それから派生した英語は多く、「grade(階級・品質・進行度)」、「gradient(傾斜・勾配)」なども同じ語源です。ちょっと似た言葉に卒業や卒業式を意味する「graduation (グラデュエーション)」があります。「u」が入るか入らないかの違いですが、こちらも語源は一緒です。

古くから使われたグラデーション

「グラデーション」は、古来からあった「繧繝うんげん」という彩色法に近く、中国の唐時代に発達し、奈良時代前期に日本に伝来。同系色の色を淡色から濃色へと並べ、色彩の濃淡の変化を表す彩色法は、工芸や建築、仏画などに用いられました。
また、日本画の表現技法の一つ「隈取くまどり」は、「うん」ともいい、 色彩で濃淡や陰影をつける「隈取る」が名詞化したもの。先に塗った画面上に、水分を含んだ筆や刷毛でぼかしていくというこの技法も「グラデーション」といえます。
江戸時代に成立した絵画様式の浮世絵も「グラデーション」なしでは語れません。顔料に含まれる水分量の調整と、摺りの力加減で表現する「ぼかし摺」などは世界に誇れる技術といえます。浮世絵は19世紀末頃のヨーロッパ の 画家たちに大きな影響を与えました。

歴史も深く元々アナログ的な「グラデーション」表現が、コンピュータの出現によってCGで再現できるようになりました。限られた量のメモリしかなかった時代には、中間色を細かく表現できませんでしたが、最近は高性能化に伴い、すべての分野で表現技術が向上し、「グラデーション」が扱いやすいものとなりました。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る