「黄金比」「白銀比」「青銅比」をご存知ですか?

コラム

今回は、デザインの基礎知識として覚えておきたいバランスの良い縦横比、「黄金比」「白銀比」「青銅比」について、検証したいと思います。

黄金比

ご存知の方も多いと思いますが、「黄金比」は、縦:横の比率が、およそ1:1.618、約5:8。
自然界の多くに存在する調和の比で、人間にとっても安定した最も美しい比率であるといわれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」にも「黄金比」が隠されているといわれ、パルテノン神殿や凱旋門、ミロのヴィーナス、モナ・リザなど、古代から建物や彫刻、絵画などに頻繁に使われてきました。

白銀比

一方、「白銀比」は、縦横の比率が1:√2=1:1.414で約5:7。
日本では古くから大工の間で、神の比率とされ、法隆寺の五重塔や伊勢神宮などの建築物の中に多く取り入れられていて「大和比」とも呼ばれています。

本のサイズとしての白銀比

大工道具のL字形の「曲尺かねじゃく」は今も裏面に「白銀比」が目盛として残っています。この比率は、キティちゃんの体型をはじめ愛されるキャラクターに多く、私たちに馴染みのあるA列、B列の紙の比率でもあります。
江戸時代後期に活躍した洒落本作家の大田 南畝(おおた なんぼ) は、自著「半日閑話(はんにちかんわ) 」の中で「書籍の寸法は横曲尺六寸ならば、縦は曲尺の裏尺(裏側に刻まれた目盛)にて六寸にすべし。…縦横ある箱なども裏表の尺にて同寸にすれば格好よろし」と述べ、同時期に刊行された「古今要覧稿(ここんようらんこう)」にも「紙の横はたて斜弦しゃげん(正方形の対角線)」という記述があり、直角二等辺三角形の斜辺で、短辺の1に対して長辺が√2の「白銀比」を日本の紙の規格に挙げています。しかもその大きな特徴は、もとの紙の大きさの2分の1、4分の1…となっても、常に縦と横の比率は同じになること。

現代の標準規格サイズとしての白銀比

1929(昭和4)年、日本が用紙のサイズを決める際、諸外国の例を調査したうえで、この比率と合致したドイツ方式のA列と、江戸時代の公用紙「美濃判」をもとに定めたB列を採用し、「白銀比」の2列を日本の紙の標準規格と決めました。

青銅比

さて、残りの1つの「青銅比」については存在していますが、かなり横長というだけで詳細は不明。

「黄金比」「白銀比」以外では、日本人の美的感覚からすると1:1の「正方形」も捨てがたいといったところ。実際の調査でも日本人の好みの縦横比は、1位「白銀比」、2位「正方形」、3位「黄金比」という結果が出ています。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る