「ピクトグラム」はユニバーサルデザインのルーツ

コラム

ピクトグラムとは

「ピクトグラム(Pictogram)」は、一般に「絵文字」「絵ことば」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号のひとつです。

歴史を辿ると、人類最初の絵として知られる洞窟壁画まで遡りますが、ものの形状を描いて意味を伝える絵文字として捉えると、メソポタミアに栄えたシュメール人の楔形くさびがた文字や、エジプトの象形文字であるヒエログリフ、中国の甲骨文字などが「ピクトグラム」の原形とも考えられます。

ピクトグラムのはじまり

国際的な「絵ことば」としての「ピクトグラム」が認識され始めたのは、1920年代のInternational System Of Typographic Picture Education、略して「アイソタイプ(ISOTYPE)」。
オーストリア出身の教育者、哲学者のオットー・ノイラートらがデザインした、単純かつ非言語的な方法で情報を伝達するための視覚記号です。

もともと彼らが始めたプロジェクトは、教育を受けていない大衆に複雑な社会経済の事実を伝えることを意図したもの。視認性の高いアイコンによって情報を記号化し、誰にでも一目で理解させることができる「アイソタイプ」が発明されました。

ユニバーサルデザインという概念が公式に提唱された1985(昭和60)年よりも60年以上も前に、すでにユニバーサルデザインが行われていたと考えられます。

ピクトグラムの国際社会での可能性

1949年にイギリスの動物学者、遺伝学者のランスロット・トマス・ホグベンは、「コミュニケーションの歴史」の中で、国際社会に向けた「ピクトグラム」の可能性を示唆しています。

その後国際的なシンボル計画は交通機関、機械類に関わるものなど、多方面で展開され、やがてあらゆる産業技術の標準化を進めるISO(国際標準化機構)において、グラフィック・シンボルの統一標準化が進められました。

その中で、非常口サインをはじめ、一般的な案内誘導のための図記号を「公共案内用図記号(Graphical Symbols for Public Information)」と呼び、ISO7001によって国際規格として制定されています。

国内においては、日本が世界に先駆けて、JIS(日本工業化規格)における「JIS絵記号」を標準化。高齢化やユニバーサルデザインの潮流を背景に、2005(平成17)年にはコミュニケーション支援用に300を超える「ピクトグラム」が制定されています。

 


株式会社野毛印刷社では、用途や目的にあわせた、オリジナルのピクトグラムの作成を承っています。
MUD(メディアユニバーサルデザイン)の資格を持ったデザイナーが在籍しており、視認性を考えたデザインを行っています。
こちらのお問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ

《関連記事》
こちらもあわせてお読みください。

【オリンピックはピクトグラムの歴史?!】今必要なインバウンド対策がわかる

MUDについての基礎知識(色覚編)

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る