文字情報を補助する「イラストレーション」

コラム

イラストレーションとは

「イラストレーションとは?」という質問にほとんどの人が「絵」と答えるでしょう。
でも画家が描く「絵」は「イラストレーション」ではない、というのも何となく理解できる人の方が多いと思います。純粋な「絵画」と違ってイラストレーションは、コマーシャルアートとか、最近はあまり使われていませんが商業美術という表現が正しいのかもしれません。絵本や小説、図鑑、雑誌などの表紙や本文の挿絵、印刷物や広告のための絵など、基本的には、出版物・広報物の構成要素として、デザインに応じて注文を受けて描く絵であり、メディアに複製されて機能するのが「イラストレーション」ということになります。

イラストレーションの語源

そもそも、「イラストレーション(Illustration)」とは、図像によって文字情報を補助する描写または装飾のことで、言葉の語源は、イルミネーションと同様に「照らす」「明るくする」を意味するラテン語「Lustrare」で、明るくすることから転じて「わかりやすい」「明快だ」という意味となりました。起源は印刷機が発明される前の手描きの絵の頃まで遡ります。15世紀にグーテンベルクによって印刷機が発明されると書物に挿絵が施されるようになり、19世紀後半に黄金期を迎えたといわれています。日本においては、奈良時代に始まる絵巻物や江戸時代の浮世絵など、絵師が描く独自の図説文化があり、明治時代以降は画家が挿絵を担っていました。「イラストレーション」や略した和製英語的な表現の「イラスト」が使われるようになったのは1950年代後半。それ以前は図像、図案、挿絵など、描き手を表すイラストレーターについては画家、絵師、画師と表現されていました。
1951(昭和26)年に日本宣伝美術会(日宣美)が発足し、公募展がグラフィックデザイナーの登竜門となり、出品作のほとんどがイラストレーションを用いた作品であったため、この時期のデザイナーはイラストレーターでもありました。1960年代以降は、写真使用の一般化に伴い、デザイナーとイラストレーターの分業化がはじまり、イラストレーションは、グラフィックデザインの一要素となりました。

イラストレーションの多様化

イラストレーションといえば広告や挿絵が中心だった時代から、現代では多様化が著しく、絵本、マンガ、アニメ、キャラクターデザイン、ライトノベル、ゲーム、ストリートカルチャー、フィギュア・トイ、現代アートなど、利用される場面は広がり続け、音楽やファッションと同じように、ポップカルチャーの一部として、私たちの生活に溶け込んでいるという側面もあります。
最近ではイラストレーションアーティストという呼び方も存在し、ファッションやグッズをプロデュースするなど、活躍の場を広げるイラストレーターも増えています。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る