ネガティブでポジティブ!?黄色もいろいろ。

コラム

カラー印刷の基本色「CMYK」とは、色の三原色のシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)の頭文字に、色調を意味するキー・プレート(Key Plate)の黒を加えて表現したもの。その有彩色のなかでいちばん明るい色でありながら、ポジティブ、ネガティブの両面の印象を持つ色「イエロー」、つまり「黄色」にこだわってみようと思います。

黄色でイメージするものは何でしょう?

信号の黄色、小学生の通学用の帽子、工事現場の人たちが身につける安全ベストやヘルメット、駅のホームなどで目にする視覚障害者誘導用ブロックなど、人の注意を喚起したいところで利用するという印象が強い色です。黄色と黒の縞模様もさまざまな場面で使われています。人の目で感じられる光線を可視光線といいますが、その波長は約380~780nm(ナノメートル)で波長の長い順に紫・青・緑・黄緑・黄・黄赤・赤となり、その両端の外は紫外・赤外線で目に見えなくなるわけですが、ちょうど真ん中の580nmが黄色であり、いちばん目立つ色ということになります。

ポジティブな印象の黄色

黄色について、インドでは極楽浄土の道標の色、中国では古代から皇帝の色とされ、高貴な色、ポジティブな色という印象がありました。日本では奈良時代まで、白、黒、赤、青の4つしか色を表す表現はなく、黄は平安時代に色を表す言葉として使われ始めたといわれています。

ネガティブな印象の黄色

一方、西洋では、古代ギリシャ人やローマ人は神聖な色として捉えていましたが、中世以降は評価が一転、キリストを裏切ったユダを指す色とされ、衰退、病気、憂鬱など、否定的な意味を持つようになります。そのせいか西欧では黄色を第一のナショナルカラーにする国は少なく、ドイツやスペインなどの国旗に使用されている黄色は金色の代替色として使われたようです。

ネガティブイメージはなくなりつつある?

しかし、18世紀後半以降は少しずつ明るく華やかな色として受け入れられるようになりました。イギリスでは、黄色は身を守る色として好まれ、アメリカに渡ると「黄色いリボン」に象徴されるように、愛する人の戦場での無事を祈り帰還を願うシンボルとなりました。日本では1977(昭和52)年に公開された山田洋二監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」の影響か、「幸せ=黄色」のイメージが定着しました。翌年の1978(昭和53)年に始まった日本テレビ系列の『24時間テレビ「愛は地球を救う」』は黄色をイメージカラーとして使用。チャリティを表す色にもなりました。

季節は夏。夏の花の象徴は向日葵。大きく開いた黄色い花にはエネルギッシュさが感じられ、明るさや元気をもらえるような気がします。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る