名刺についての豆知識

コラム

名刺のルーツは訪問の証のメッセージカード?!

ビジネスの始まりは名刺交換から、といっても過言ではないほど、名刺はビジネスパーソンにとって、とても重要なビジネスツールの1つです。

その名刺の「刺」はなぜ「紙」ではなく「刺」なんだろうと疑問に思ったことはありませんか? 現在の名刺の原形を初めて使用したのは、古代中国、こうかんの頃。貴族階層の人たちが、訪問先の門前に、木や竹に身分や姓名を刻んだ札を戸口に刺して、取次ぎを要請する習慣があったと言われています。その木や竹を「刺」と呼んだことから「名刺」という呼称が生まれたとされています。

一方ヨーロッパでは16世紀頃、家に訪問して不在の際に置いていくメッセージカードが始まりと言われています。その後は社交界の挨拶用に使われるようになりました。

日本で最初に使われたのは江戸時代。和紙に墨で名前を書き、やはり訪問を知らせるために使用されていました。印刷された名刺が使用され始めたのは幕末から明治にかけて。文明開化で外交が盛んになると役人たちが外国人と接するために使うようになりました。鹿鳴館時代は日本の社交界でも必需品となりました。

 

名刺のサイズと縦組み横組み

現在、一般的に日本で使われている名刺は91×55㎜ですが、欧米の標準サイズは、3.5×2インチ(89×51㎜)です。日本の名刺サイズはもともと尺の単位が使われ、尺の10分の1が寸で1寸が30.3㎜のため、長辺は3寸で91㎜、短辺は黄金比の√5-1/2 : 1となる55mのものが使われるようになりました。最近はあえてサイズを自由に変えた変形サイズの名刺を注文される方も増えているようです。

名刺のデザインについてはもともと、名前を縦組みで組んでいたため、縦型が100%でしたが、社名のロゴを横に組み始めてからは、横型が増え続け、現在は95%が横型を使用しているようです。横型が増えるとまた少数派の縦型が印象に残るということもありますし、

形を変えたり、開いてみせる折り付きの名刺など、印象度を上げる工夫はまだまだいろいろ考えられそうです。

 

立体名刺はいかがですか?

野毛印刷の立体工房が手がける名刺は「立体名刺」。名刺に、立体的なしかけを施すことによってアピール度合いが飛躍的に向上します。コンセプトを考え、ストーリー性を持たせることで企業や商品または、その人自身のブランディングに一役買ったり、一方で面白みのある名刺それ自体が営業トークの切り口として武器になったりします。

見本の名刺は、本人の全身写真がPOP UPするしかけ。顔写真入りの名刺は、よく見かけますが全身写真の載った名刺はとても印象的でユニーク。人に与える印象は、見た目が9割とはよく耳にしますが、であれば、なおさら顔だけではなく全身の姿を先方のお手元に残し、文字通り「全身全霊」でお付き合いさせていただきたい!という気持ちをアピールできます。

尚、設計上、立てて置いておけるので、なにかの時にすぐに思い出してもらえるように、デスクの上に飾っておいてください!なんてアピールも有効かもしれません。

立体工房HP http://popup.noge-printing.jp/index.html

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る