【印刷に適した画像解像度は?】デザイナー・印刷物発注担当の方は必見!

クリエイティブ / デザイン

印刷に適した画像解像度とは

こんにちは。制作課のNです。

今回は、「印刷に適した画像解像度」についてお話したいと思います。

印刷物を作る上で、画像の解像度は気を付けなければいけない大事なポイントのひとつです。
できあがった印刷物を見て、「画像がガザガザだ!」ということがないように、印刷物のデータを作る方は、この記事を読んで画像の解像度に気を付けてもらえればと思います。

そもそも画像解像度ってなに?

写真を使った印刷物を作る際には、その写真を美しく見せるための目安を画像解像度で表します。

デジタル画像は細かなドット(点)の集まりでできています。
このドットが1インチ(2.54cm)あたりにどのくらいの数で集まっているのかを数値化したのが「画像解像度」というわけです。すなわち画像の密度です。

解像度を表す単位には、「dot per inch(1インチあたりのドット数)」という英語を略した「dpi」という単位が使われています。

画像解像度で起きる印刷トラブル

一般的なフルカラーのオフセット印刷物の場合、画像解像度は原寸サイズで350dpiが適切です。
これは一般的な印刷線数175線(1インチあたりの網点数)の2倍という基準から設定されています。

〈写真の解像度の例〉

この画像はわかりやすいように300%拡大しています。

左から350dpi、150dpi、72dpiとなっていますが、通常のフルカラー印刷は350dpi、大判プリンターなどのポスター出力などは100〜200dpi。ウェブ、画面スクリーン用などは72dpiになるのが通常です。

また、モノクロ原稿(グレースケール)の場合は600dpi、モノクロ2階調の場合は1200dpiが推奨になります。
1色になったことで、網点で再現したときにエッジ部分がギザギザして目立ちやすいために、解像度を高めに設定して滑らかに再現するイメージです。

そしてカラー350dpi、モノクロ600dpiが推奨だと言いましたが、これ以上高くても印刷が綺麗になるというものでもないので、無駄にこれ以上は必要ありません。
データ量が肥大するだけですので注意してください。

印刷物に適切な画像解像度は

これまで、カラー350dpi、モノクロ600dpiと推奨値を書きましたが、あくまでも100%でレイアウトされている前提です。

アナログ制作をされている時代では、紙版下でデザインレイアウトされた後に写真をスキャニングしていたので、サイズを決められました。

現在はレイアウトも画像もデジタルなので自由に変更できますが、最終的にレイアウトが決定する前に、画像解像度を確かめるようにしてください。

拡大しすぎて250dpiを下回ったり、縮小し過ぎて500dpiを上回ったりしては、美しい写真が破綻してしまいます。拡大しすぎはガビガビし、縮小し過ぎは眠くなります。

理想通りの印刷物を作るためにも、データを印刷会社に入稿する前に、一度確認してみてくださいね。

 


印刷物のご相談、御見積りのご依頼は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。

 お問い合わせ

《関連記事》
こちらもあわせてお読みください。

「色があさい」「画像がねむい」? 印刷物の色校正、どう修正指示をする?

「スーパー解像度」がすごい!Photoshopの新機能を実際に使ってみた

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る