【意外と知らない?】はがきに関する決まりごとを知っておこう!

課題解決

当社は印刷会社ですから、DM用のハガキを作成することも多々あります。新しいスタッフもおりますので、はがきを横位置に扱うとき印刷の向きはどっち?とか、私製はがきを作る際に「郵便はがき」と表示する必要があるの??などの質問を受けることがあります。
制作スタッフが迷うこともある郵便物の基本的な決まりごとについて、ご説明しておきたいと思います。

はがきを横位置に扱う場合のルール

最近は年賀状の絵柄が横位置にデザインされたものが多く、この場合の疑問についてはだいぶ迷われる方が多いと思います。ルールとしては縦位置のはがきを右に90度回転させて横位置にするというのが正解です。切手が右上にきて、郵便枠が右下に。裏の絵柄面はそれに合わせて書く、あるいは印刷するようにしましょう。

宛名面を縦位置のまま裏面を横位置に使うときも,切手側の辺が上になるようにします。

私製はがきを作る際、「郵便はがき」の記載が必要

DMなどの印刷はもちろん、個人で出すはがきについても、私製はがきを作る場合に「郵便はがき」と記載する必要があります。縦位置の場合は天に、横位置の場合は縦位置の天か、横位置にした際の天に記載します。「POSTCARD」でもOKです。表示がない場合は、手紙(第一種郵便物)として取り扱われてしまいます。

はがきサイズは決められている

はがきの大きさについては、DMを作る際に慎重になる必要があります。普通の官製はがきは100×148mmですが、はがきの最大サイズは107×154mm、最小サイズは90×140mm。微妙に大きすぎても引っかかる可能性があります。サイズを超えてしまうと定形外とされて、62円で送れなくなります。

私製はがきの郵便番号枠は色が決まっている

私製はがきや封筒を作る際に郵便番号枠を決められた位置に記載する必要がありますが、このときの色は朱色または金赤色に決められています。ちなみに、郵便番号枠は入れなくても問題はありません。

宛名面に広告や文章を入れる場合のルール

DMや個人の絵はがきなどで、宛名面に宛名以外の広告やメッセージを入れる場合、縦位置の場合の下半分,横位置の場合の左半分、用紙の2分の1が記載可能な範囲になっています。特にDMの場合明らかに2分の1を超えると問題になることもあります。

ちなみにDMなどの広告郵便物は、一定の条件を満たすと切手を貼らずに、「料金別納」、「料金後納」扱いが可能ですが、この形には円形と四角形があり、四角形の表示の場合、下部2分の1に差出人の業務を示す広告などを記載して使用することが可能です。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る