「漫画」から世界の「Manga」へ。「漫画」の歴史

コラム

日本のポップカルチャーとして海外に輸出された漫画は「Manga」 で通じる世界語になりました。
横浜の事始めのひとつに漫画雑誌があります。1862(文久2)年春に創刊されたが「ジャパン・パンチ」がそれ。幕末期に記者として来日した英国人の画家・漫画家のチャールズ・ワーグマンによってこの雑誌が作られました。日本の漫画の歴史となると、平安時代の絵巻物の「鳥獣人物戯画ちょうじゅう じんぶつ ぎが」に遡ります。

「漫画」の語源

漫画の語源は、1798(寛政10)年に発行された山東京伝さんとうきょうでんの絵本「四時交加しじの ゆきかい」。
序文で「気の向くままに描く」という言葉として使用されました。
その後、葛飾北斎が発行した「北斎漫画」を機に漫画は戯画風のスケッチを指す言葉として広まりました。
1895(明治28)年、福沢諭吉の義理の甥にあたる今泉一瓢いまいずみ いっぴょうが、新聞「時事新報」で漫画を「caricature」「cartoon」の訳語として使用。北澤楽天も「comic」の訳語として漫画を使いはじめました。

現代の「漫画」スタイルができるまで

大正期に入って登場するのが岡本太郎の父、岡本一平。独自のスタイルを確立し、後のストーリー漫画の原型を作りました。
現代の漫画に通じるコマ割りフキダシといった表現手法が定着し始めたのは、1923(大正12)年、新聞に掲載された「ノンキナトウサン」や「正チャンの冒険」。昭和に入り大きく変わったのは、毛筆からペンへの流れ。1930年代には、「のらくろ」「冒険ダン吉」などの子ども向け人気漫画が単行本化され、ベストセラーに。その後、手塚治虫をはじめカリスマ的漫画家の登場などもあり、高度経済成長期へ向かい漫画が果たした役割は大きく、子どもの文化の中心に漫画があったことはご存知の通りです。

世界で通用する「Manga」へ

そんな漫画が、まだ「Manga」では通じなかった時代の1980年代に、当社に英文翻訳して海外用につくり直すという仕事の依頼がありました。日本の漫画は右綴じで、文字は縦書き。コマも右から左へ流れて行くため、当時は絵柄をすべて反転し、フキダシの中を英文写植文字に貼り変えました。
しかし、この方法だと人物の利き手が逆になり、登場人物はみな左利きという問題が生じたため、ページのコマ割りを作り変えるなどの方法を取るようになりました。
現在ではコスト面を考え、右綴じのままの日本仕様でフキダシの中だけ変えるという方法が取られています。
日本が誇る「Manga」という文化、今後も海外でさらに注目が集まりそうです。

 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る