印刷は「インキ」筆記用具は「インク」? 「インキ」と「インク」の謎。

コラム

謎というのは多少大げさですが、「インキ」と「インク」は、なぜ表題のように分けられるのか、また、それにはきちんとした定義があるのか、ほとんど知られていません。
確かに印刷用に使われるのは「インキ」ですが、同じ印刷でも、デジタル印刷や、パソコンのプリンター用に使われるのは「インク」ですし、同じ筆記用具でも「インキ」と呼ぶ会社もありますし、「マジックインキ」という名称もあります。
では、なぜなのかという答えを、推測も交えて探ってみたいと思います。

「インク」の語源とは?

「インク」は英語で「Ink」ですが、もともとは古いフランス語で「Enque」で「ものを書く液体」。
これをたどるとギリシャ語の「Egkauston」 に行きつくといわれ、地中海に生息する巻貝からとった紫色の染料を意味していると言われています。その由来通りに「インク」の歴史を辿ると古代、石の表面に絵や文字を描くために、天然の植物や鉱物からさまざまな色の「インク」が作り出されています。

「インキ」の歴史

中国から伝わった日本の書道は、筆と墨の文化ですから、絵の具としての顔料は使われたものの、「インク」としての使用はかなり遅く、先に使われたのが印刷用として伝来した「インキ」でした。
江戸時代末期の1848(嘉永元)年。日本の活版印刷の祖と呼ばれる本木昌造もとき しょうぞうが、オランダ船が積んできた西洋の活版機材をもとに、「活字版摺立所」が設立したのが、日本の印刷の起源とされています。オランダ語で「インク」は「Inkt」で、その発音は「インキ」の方が近かったのではないかと推測できます。
「Orgelは「オルゴール」、「Kok」は「コック」、「Ontembaar」は「お転婆」、「Zondag」から生まれた博多どんたくの「ドンタク」などオランダから借用した言葉はたくさんあり、「インキ」もオランダ語の発音がもとだったと考えられます。
因みにオランダ語ではありませんが、英語で荷台を持つ車は「Truck」ですが、日本に最初に導入され1883(明治20)年、横浜近代水道建設時。この時レールを敷いて走らせたのが「Truck」でしたが、なまった呼び名が「トロッコ」ということで、「トロッコ」と、後に貨物自動車として使われた「トラック」に分かれてしまったとか。

 

つまり、言葉が導入された時代によって、発音とそれに対応する対象物が異なったというのが「インキ」と「インク」の違いのように思えますが、いかがでしょうか。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る