チラシ、ビラ、フライヤー、リーフレット… ペラものの印刷物の呼び方について

コラム

 

チラシを始めとする販促ツールとしてのペラものの印刷物、ビラ、フライヤー、リーフレットなどと、使われ方や仕様によって呼び名も変わります。それぞれの語源や使われ方についての豆知識をご紹介します。

「チラシ」は「散らす」

器に入れた寿司飯の上に具を散らせて作る寿司だから「ちらし寿司」。では広告の媒体で、ペラものの印刷物「チラシ」はどうかというと、もちろん同じように「散らす」という語源からつけられたようです。

チラシの歴史は古く、古代のエジプト遺跡から、商売への宣伝効果を狙ったパピルスが発掘されているそうです。日本では古くは織田信長の時代、安土城下の楽市においてチラシにあたるものが撒かれていたと伝えられています。
商業が花開いた江戸時代においては、当時「引札」とも呼ばれ、チラシの文化も広く根づいていきました。チラシと引札、東西で呼び方が違っていたようで、江戸後期の風俗誌「守貞謾稿(もりさだまんこう)」には、「江戸は引き札と云ひ、京坂ではちらしと云ふ」と記されています。明治時代になると引札は広告という広い意味でも使われるようになりました。新聞が発行された2年後の1872(明治5)年に東京日日新聞で「新聞附録」として「引札」が配布されました。今でいう折り込みチラシはここからスタートしたと思われます。人が集まる場所に置いたり手配りしたりする「チラシ」から、ポスティングチラシ、B全判を折りたたんだ折込チラシまで、広い範囲でチラシと呼ばれています。

あまり使われなくなった「ビラ」

一方、「ビラ」は、紙片の片を「びら(ひら)」ともいうことから。また、擬態語「びらびら」が語源だとも言われていますが。「チラシ」が配られたものに対し、「ビラ」は人目につくところに貼られたもので、英語の「貼り紙」の意味がある「bill」の訛りが語源ではないかという説もありまが、実際の語源については定かではありません。大正時代以降、社会運動や学生運動などが盛んになり、人々に訴えるために配った、思想などを書いた紙も「ビラ」と呼びました。そこから使われたのが「アジビラ」。「Agitation(扇動)」にビラをつけた造語として流行しました。

小さめのペラもの「フライヤー」

さて、最近は「チラシ」でも「ビラ」でもなく、ペラものの印刷物を表す呼称として「フライヤー(flyerまたはflier)」がよく使われ、街頭などで配る小さめの宣伝物を呼んでいます。
日本では主に広告やデザイン関係者がイベントやショップなど用のチラシをちょっとカッコつけて呼ぶことで定着したもの。
アメリカなどで一時期、飛行機やヘリコプターを使って、空から「チラシ」をばら撒いて配布する方法がとられていましたが。そのため「飛ぶもの」をあらわす言葉が当てられたと思われます。アメリカでは「空飛ぶ営業マン」という意味合いが強いようです。フライヤーの場合、ターゲットに合わせてデザイン性を重視する傾向があります。

リーフレットもペラものの呼称

「リーフレット(Leaflet)」は文字通り「Leaf(葉っぱ)」「Let(小さい)」を組み合わせた言葉が語源。
パンフレット(Pamphlet)が2枚以上の紙を使って、冊子型に綴じられたものであるのに対して、1枚ものの印刷物を指して呼ばれるもの。1枚の紙を2つ折りや3つ折り、観音折り、ジャバラ折りなどに折って仕上がったペラもの印刷物を「リーフレット」と呼んでいます。

 

印刷会社としては、印刷物をお受けする際に、それがどんな人たちに向けてどんな内容で伝えたいのか、十分に理解したうえで、作業にはいりますが、ペラものなのかページものなのか、大きさは、折りは、デザインのテイストは…などチェック項目はたくさんあります。

例えば今回ご紹介したようなペラものの印刷物でもそれぞれの使い方があるように、役割もいろいろ。私たちはより効果的な販促ツールの作成にあたって、きめ細かいご希望をお伺いしています。当社では、基本ペラものの印刷物でも、型抜き、POP UP仕様などの加工を加え、印刷物に強いインパクトを与える手法なども積極的に取り入れています。

 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る