ご存知ですか?封筒の種類

クリエイティブ / 設計

ちょっとしたお手紙やお客様に送る請求書を送るときに使う封筒。日常的によく目にするものですが、そんな封筒にも様々な仕様があることにお気づきでしょうか。今回は様々な封筒の種類について解説したいと思います。

 封筒の貼り方の種類

1、センター貼り(中貼り)

封筒の差出人を書く裏面を見ると、封筒の形を作るために紙が貼り合せてあることが分かります。この糊付けがセンターでされている封筒は「センター貼り」や「中貼り」封筒と呼ばれています。封筒裏面の中心に貼り目がくるため、封筒に強度が出て、ピンとしっかり張りのある封筒になります。一般的に良く使われている封筒はこちらの製袋方法で作られているものが多いかと思います。

2、スミ貼り

端に貼り目のある封筒を「スミ貼り」封筒と呼びます。センターに境目がこないため、差出人を横書きで書いたりする場合には、糊付け箇所が邪魔にならず、便利です。

3、カマス貼り

のりしろが左右にあり、封入口が広くなっている封筒を「カマス貼り」封筒と呼びます。封入口が広いので、機械で自動封入をする際に最適です。また、スミ貼り封筒と同じく、センターに貼り目がこないので、裏面にも絵柄を印刷したい場合等に適しています。ちなみに「カマス」は「叺」と書いて穀物などをいれる袋のこと。わらを2つ折りにして縁を縫い綴じた形から呼ばれるようになったと考えられます。

4、ダイヤ貼り(洋形封筒)

封筒の綴じる部分(フラップ)が三角形で、封筒の糊を剥がして分解し、広げるとひし形になることから「ダイヤ貼り封筒」と呼ばれています。欧米ではこちらの形が一般的で、日本でも招待状を送付する時には、フォーマルな印象のある、こちらのダイヤ貼りが多く使用されます。

代表的な封筒のサイズ

ここまでは封筒の形について、紹介しました。
形が決まったら次に迷うのはサイズ。目的に合わせてさまざまなものがあります。
いつもよく使っている封筒ですが、印刷を依頼する印刷会社の営業マンに「サイズは何ですか?」ときかれて困ったことはありませんか?
実は私もかつてはそうでした。そこでよく使われる封筒のサイズについて簡単にご紹介します。

角0封筒(角形0号)287×382㎜

B4サイズのコピー用紙を折らずに入れられるサイズです。

角2封筒(角形2号)240×332㎜

A4サイズのコピー用紙を折らずに入れられるサイズです。

角3封筒(角形3号)216×277㎜

B5サイズのコピー用紙を折らずに入れられるサイズです。

長3封筒(長形3号) 120×235㎜

A4サイズのコピー用紙を3つ折りにしてぴったり入るサイズです。

長4封筒 90×205㎜

B5サイズのコピー用紙を3つ折りにしてぴったり入るサイズです。

洋1封筒(洋形1号) 176×120㎜

はがきを折らずに入れられるサイズです。A5サイズの招待状を2つ折りにして、入れることが多い封筒です。

いかがでしたか。封筒のご発注の際には是非、上記を参考にして頂けますと幸いです。
※今回はよく使われる代表的なものだけを紹介しておりますので、上記に無いサイズはお近くの印刷会社さんに問合せをしてみてください。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る