本来の英語の意味とは異なる「ノベルティ」の謎

コラム

【新卒1年目が語る!】就活生が説明会でもらって嬉しいノベルティとは
これは、以前ヒラメキ工房に掲載した記事のタイトル。当社はさまざまなノベルティ商品を開発したり、製作をお受けしたりしています。ご存じのように「ノベルティ」は、宣伝目的で企業が配布する品物を指す言葉。媒体を使わずに自社の名前、商品名を見込み客にアピールする記念品的なものです。

英語の「Novelty」の意味は、「新しくて珍しいもの」、「まだ経験がない興味深いこと」。販促的な意味では「Novelty」という言葉は使われず、「Giveaway」や「Promotional Giveaway」と呼んでいるようです。では、なぜ日本で和製英語のようにノベルティという言葉が定着したのか、時代を遡って検証してみます。

日本のノベルティグッズの起源

日本におけるノベルティグッズの起源は、江戸時代中期に大流行した「引き札」だとされています。商品の売上を上げるために作られた現在のチラシのようなものですが、有名浮世絵師の作品が刷られていました。その後は縁起物や玩具のようにより興味を惹くものに変化していきますが、当然ながらこの頃、英語の「Novelty」が使われるはずがなく、おまけ(御負け)、景品という言葉が使われていたのかもしれません。

では、ノベルティはいつからどんな経緯で使われたのか。実は明治時代にはすでに伝わっていました。1873(明治6)年にオーストリアのウィーンで開催された万国博覧会を契機に、石膏型の製法が愛知県の瀬戸に伝わり、簡単な2つ割りの型で成型した陶器の人形や置物の製造が盛んになります。その装飾品の総称が「新しくて珍しいもの」という意味の「ベルティ」でした。1914(大正3)年に第一次世界大戦が起こると、ノベルティの最大の生産国であるドイツでの生産が途絶えたため、代わりに白羽の矢が立ったのが瀬戸。輸出用ノベルティの生産が始まり、「セト・ノベルティ」と呼ばれるようになりました。

日本国内でも福助や招き猫、縁起物、キャラクターものなどもセト・ノベルティの製法で作られ、宣伝を目的とした名入れ玩具のようなものも作られるようになります。やがて時代が昭和に移ると、陶器製だけでなくブリキ製や木製、セルロイド製などのものも続々と登場。現在のように、日本で「ノベルティ」が記念品、景品といった意味合いで呼ばれるようになったのはなぜなのか。定かではありませんが、珍しいものを世に出したいという作り手の思いと、キャラクターグッズを始めとした企業グッズが欲しいという消費者の思いを象徴する言葉が「ノベルティ」だったからという理由かもしれません。

当社もノベルティを扱う企業として、ノベルティグッズに「新しくて珍しいもの」、「渡した相手の心に響くもの」を追求していきたい。改めてそんな思いを強く感じました。


当社ではさまざまなノベルティの製作をお受けしています。気になる方は、ぜひお問合せフォームよりご連絡ください。
*展示会ノベルティとして、飛び出すカードをご採用いただきました!
*ノベルティに使える、あ!っと驚くクリアファイル
*記念品として最適なノベルティグッズをご紹介!

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る