RGBとCMYKの違いとは?【デザインの基礎知識】

クリエイティブ / デザイン

こんにちは。制作課のイケダです。

先日公開した「当社の暑中見舞いの記事」でも少し触れましたが、

「画面で色味を確認してデータ入稿をしたが、できあがった印刷物を見たら思っていたものと違う色だった!」

なんてことはありませんか?なぜ違いが出てしまうのでしょうか?

▼暑中見舞いの記事はこちら。

特色印刷のこだわり!2021年暑中見舞いが完成しました!

それは、パソコンの画面と印刷では、カラーの表現の仕方が異なるからなんす。

パソコンの画面で見る色は「RGB」、実際の印刷の色は「CMYK」で表現されるので、表現の仕方の違いで色の仕上がりが変わってしまうのです。

では、まずは「RGB」と「CMYK」それぞれの表現の仕方を見てみましょう。

【目次】
1.RGBとは?CMYKとは?何が違う?
2.なぜRGBとCMYKで色が違うのか
3.印刷後の「思っていたのと違う!」をなくすために

RGBとは?CMYKとは?何が違う?

「RGB」

RGBとは、色光の三原色のことで、「Red(赤)」「Green(緑)」「Blue(青)」のそれぞれの頭文字をとっています。

光は混ぜると明るくなっていきますので、三原色を全て混ぜた色は真っ白となります。
パソコンの画面は電源が入っていないと真っ黒で、電源を入れて光が当たると明るさに応じて色が表現されるのはそのためです。色がなければ黒、全部の色があると白になるのがRGBです。

色を混ぜ合わせれば混ぜ合わせるほど明るい色へと変化していくため、「加法混色」と呼ばれます。

 

「CMYK」

CMYKとは、色料の三原色である「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(黄)」に「Key plate(黒)」を加えた4色のそれぞれの頭文字をとっています。

なぜ「Key plate(黒)」を加えているかというと、色料の三原色を100%重ねると理論上は黒になりますが、実際には黒に近い色であり、本当の意味での黒にはなりません。
そのため「Key Plate(黒)」で足りない部分を補間しているのです。

色料(インクなど)による三原色なので、混ぜると明るくなっていくRGBとは逆に、CMYKでは全ての色を混ぜると黒になります。
印刷する用紙を白とすると、色がなければ白、全部の色があると黒になるのがCMYKです。絵の具で絵を描く時をイメージされると分かりやすいかも知れません。

このように濃い色へと変化していくので「減法混合」または「減法混色」と呼ばれます。

 

ちょこっとマメ知識

ところで、なぜCMYKのKは「Black(黒)」ではないのでしょうか。

「RGBのBlueと被るから?」「日本語読みのKuroの頭文字?」といった説もあったりしますが、「Key plate(黒)」=「画像の輪郭などを表現するために用いられた印刷版」が語源のようです。

そういったこともあり、上記語源と差別化するために、プリンタなどの黒インクは「Bk」表記が一般的になっています。

なぜRGBとCMYKで色が違うのか

色が異なる理由は「カラースペース」

RGBとCMYKの表現の仕方の違いについては解説しましたが、では、なぜ思っていた色と違った色で仕上がってしまうのでしょうか?

RGBとCMYKでは表現の仕方の違いにより、再現する色の領域「カラースペース」が異なります。

一言でいうとRGBの方がCMYKより色を再現できる領域が広く、より蛍光に近い明るい色の領域を再現することが可能です。

そのため、RGBで作られたデータを印刷用にCMYK変換を行うと、再現できる領域が狭まってしまいます。
CMYKで再現できない領域の色が、再現できる領域内の色に変換されてしまうことで、「色味がくすむ」といった現象が起こってしまうんです。

思っていたもの(画面上で確認した色)と違った色で仕上がってきたと感じるのは、これが原因の一つになっています。

「くすみ」の具合は、Office系アプリケーションの「カラー設定」の比較を用意しました。どれくらいくすんでしまうのかが、お分かりいただけるかと思います。

 

補足

RGBの色域として、「Adobe RGB」(Adobe(アドビシステムズ)が制定した色空間)と、「sRGB」(IEC(国際電気標準会議)が制定した標準規格)があります。

Adobe RGBはsRGBの色域をすべてカバーしており、特に「Green(緑)」がより蛍光に近い、明るい色の領域を持っています。(先述のカラースペースの図をご確認ください)

一般的なデジカメ・モニタ・プリンタなどはsRGB準拠でつくられていることが多く、Adobe RGBは一部の高価格帯の製品にしか採用されていなかったりします。

印刷後の「思っていたのと違う!」をなくすために

このように、RGBとCMYKでは表現できる色の領域が異なるため、できあがった印刷物を見て「思っていたのと違う!くすんでる?!」といったことが起きてしまうのです。

では、そういったことが起きないためにはどうすればいいのかというと…
印刷物用のデータを制作する際は、「RGB」ではなく「CMYK」でデータを制作することをオススメします。

そうすることで、印刷前と後でギャップが生じることがなくなります。

RGBが含まれたデータを入稿された場合、印刷用にデータの前処理(RIP)をする際に強制的にCMYKに変換されてしまいます

RGBをCMYKに変換するRIPですが、印刷会社によって異なるRIPを使っていたり、同じRIPでも設定が違ったりすることで、変換結果が変わることがありますのでご注意ください。

▼「RIP」についてはこちらの記事をご覧ください。

【RIP処理とは】印刷データ入稿時の注意点とあわせて解説!

当社では社内での制作の場合、RIP処理をしたPDFにて校正紙出力ならびに校正用PDFを作成しています。
印刷用にCMYK変換された色味を、校正紙またはPDFにて確認することが可能です。

そうはいっても、校正紙はプリンタ出力であり、PDFがモニタであるため、厳密には確認できるかというと厳しいところです。

色味についてこだわりがある印刷物の場合は、ぜひとも色校正をご検討ください。

印刷機で実際の紙に印刷する「本機色校正」や、カラーマネジメントされた大判プリンタにて専用紙に仮想出力する「簡易色校正(DDCP)」にて確認することが可能です。

▼「本機色校正」や「簡易色校正」についてはこちらの記事をご覧ください。

【本機色校正と簡易色校正って何が違うの?】色校正の種類について

また、完全データ(PDF)でご入稿いただく場合は、Adobe Acrobatの「印刷工程」-「出力プレビュー」の「表示」項目にて「RGB」とか「CMYKではない」など選択することで確認することができます。

Adobe Acrobatの「出力プレビュー」では、「シミュレート」項目にて「Japan Color 2001 Coated」を選ぶことで、RGBが含まれているPDFデータをCMYKにシミュレートした結果を確認することができます。
現実的にはRGBをCMYKに変換する印刷会社のRIPによって、変換結果が変わることがありますので、あくまでも大まかな色の変化の確認レベルにとどめておくことをお勧めいたします。

▼(参考)RGBデータが含まれたPDF(PDF /x-4)を出力プレビューした結果

 


いかがでしたでしょうか?
理想通りの印刷物を作るためにも、「RGBとCMYKの違い」についてはぜひ覚えておいてくださいね。

当社では、色味に厳しい芸術系の印刷物の実績もあります。
印刷物のご相談、お悩みごとがありましたら、ぜひお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ

《関連記事》

プロセスカラーの4色分解はいつ頃から始まった ?

CMYKだけじゃない!! 野毛印刷の秘密兵器「特色シルバートナー」とは??

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る