軽い!紙製ファッションアイテム3選

コラム

印刷会社とは切っても切れない関係にある「紙」。
やはり職業柄、紙で出来たものを見ると、「これは何の紙だろう…どうやって加工してるんだろう」というのが気になってしまいます。
今回は、紙を身に纏うアイテムへと変身させた商品をご紹介致します。

折り鶴ピアス

誰もが一度は折ったことのある折り鶴で、ピアスを作っています。
一つ一つを職人さんが手作業で作成しているという折り鶴は、紙の取り位置によって柄が微妙に違い、一つとして同じものは無い一点もの。もちろん紙製ですので、軽く、耳が疲れにくそうです。
紙なので、「雨に濡れたら壊れてしまうのでは?」という心配があるかと思いますが、表面がコーティングされているとのことで、多少の雨では崩れないとのこと。
気になる方はこちらの公式サイトをチェックしてみてください。
折り鶴以外にも、扇などデザインがあり、着物にはうってつけのアクセサリーや和コスメ等も買うことが出来ます。

バナナからできた紙で鞄が出来る!?

紙に使われる原料の多くは木ですが、木が紙の原料とできる大きさにまで育つには、約10年~30年ほどの長い年月が掛かります。一方、バナナは1年ほどで成長し、バナナを収穫した際には、古い茎には栄養がなくなっており、茎もきらなければならないそうです。
そこで、バナナから紙を作り、バナナの生産国とフェアトレードをしようというプロジェクトがあるのをご存知ですか?
「バナナペーパー」と呼ばれる紙は、日本初のフェアトレード認証の紙です。
詳細はこちらのバナナペーパー公式サイト
実は、弊社でも名刺にバナナペーパーを使っているのですが、最近、このバナナペーパーが注目を集めました。
それが2018年2月4日に毎日放送で放送された情熱大陸「バナナペーパーデザイナー山勢拓弥さん」
山勢さんは、カンボジアのゴミ山で働かざるを得ない子供達を救いたいと、バナナペーパー事業を立ち上げたとのこと。
驚いたことに、バナナペーパーから作られるのは、ポストカードなどの一般的に紙を使って作られるものだけでなく、トートバックや蝶ネクタイなど、おしゃれなファッションアイテムも作られているのです。
皆さんも是非、一度見てみてはいかがでしょうか?
公式サイトはこちらからご覧になれます。

紙製ネックレス

金属アレルギーでも、お洒落なアクセサリーを身に付けたい
という想いに応える「紙」でできたアクセサリーがあるのをご存知ですか?
精巧な切り絵のようなデザインでできており、ネックレスは100%紙でできているので、金属アレルギーの方でも、安心して身に付けることができます。
また、ネックレスだけでなく、ピアス等もあり、男性向けにはお洒落で簡易財布としても使えるお洒落なポケットチーフもあります。
こちらのアクセサリーは耐久性、耐水性に優れた特殊な紙を使っているため、汗をかいても大丈夫とのこと。
また、保管はクリアファイルに挟むだけ。場所も取りません。
いいとこ尽くしのアクセサリー、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

公式サイトはこちらからご覧になれます。

いかがでしたでしょうか?
変幻自在に形を変える魅力的な「紙」を身に着けて、お出かけというのも良いかもしれません。

TAG: 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る