【ついにIEサポート終了】仕事や生活はどうなる?どんな影響が?

クリエイティブ / WEB

こんにちは。システム開発部のイチカワです。

先日、マイクロソフト社からInternet Explorer(以下IE)のサポートを2022年6月16日(日本時間)に終了する、と発信がありました。
今までサポート範囲が縮小されてきたIEですが、前倒しでサポート終了になるようです。

IEは古くからあるウェブブラウザですが、サポートが終了されるとどうなるのでしょうか?

今回は、IEのサポート終了によって生じる我々への影響と、その対策について考えていきます。

IEサポート完全終了…一体どんな影響が?

ウェブブラウザがサポート終了と知らされた時、何を考えればよいでしょうか?

サポートの終了で一般的に何が起きるのか、まとめてみました。

・脆弱性対応パッチが配信されなくなる
・IEで閲覧するウェブサイトなどで不具合が出てくる
・IE前提に開発したウェブサイトを、別ブラウザで動くよう再開発する必要が出てくる

それぞれ詳細を見ていきましょう。

「脆弱性対応パッチが配信されなくなる」
「IEで閲覧するウェブサイトなどで不具合が出てくる」

こちらに関しては、IEサポート終了日以降はIEが無効になるそうですので、ここでは説明を割愛します。
IEを使用しようとするとMicrosoftEdgeにリダイレクトされるような対策をとるとのことです。

もし何らかの方法でIEを無理やり使用しようとしても、上記のようなリスクがあることは理解しておきましょう。

 

「IE前提に開発したウェブサイトを、別ブラウザで動くよう再開発する必要が出てくる」

こちらは先ほどとは少し視点が変わって、ウェブサイト開発側の視点になります。

企業向けのウェブシステムなどは、多くがIEを前提に作られています。

「IEサポートが終了しても、企業の基幹システムがIEしか対応していない…」
となると、基幹システムが動かなくなるかもしれません。

できれば、IE以外のブラウザで動くように対策をしておく必要があります。

IEサポート終了までに確認すべきこと

これまで、IEがサポート終了するとどうなるのかを述べてきました。

それでは、2022年6月16日までに何を確認すればよいでしょうか?

確認すべきことをまとめてみました。

・自分が使用しているOSは何か?
・IEでしか動作しないシステムがないか?

それぞれ説明します。

「自分が使用しているOSは何か?」

実は、今回のIEサポート終了の対象は、全てのWindowsマシンではありません。
とはいえ、一般的に使用されているWindows10はサポート終了対象ですので、サポート終了の影響は大きいでしょう。

ちなみに、今回サポート終了しないOSはこちらになります。

OS 備考
Windows 8.1 Windows10の1つ前のメジャーバージョン
Windows 7拡張セキュリティ更新プログラム(ESU) サポート終了後も特別に使用を続けるためのオプション
Windows 10 Server  (SAC, LTSC) Windows 2019 server
Windows 10 IoT長期サービスチャネル(LTSC) 従来の「Windows Embedded」
バーコードリーダーなどに入っている
Windows 10 LTSC 機能更新の頻度が低い、安定バージョン

(いずれもIE11が対象)

自分が使用しているOSについては、

スタートメニュー→設定→システム→バージョン情報→Windowsの仕様

という手順で確認できます。

 

「IEでしか動作しないシステムがないか?」

こちらも開発側、システム管理側の視点ですが、会社の基幹システムがIEのみの対応ではないか?は確認する必要があります。

もしそうであるなら、対応はどのように進めるのか?考えていきたいですね。

ユーザーはIEでアクセスしようとしても、Edgeが起動するようになるとのことですので、IE対応のみのままだと最悪システムが動作しなくなってしまうかもしれません。

応急的な対策としては、EdgeのIEモードという機能がありますので、それを試してみてください。

IEのサポートが終了しても困らないために

最後に、【利用者側】【開発、システム管理側】それぞれの視点で、困らないために何をしておいけばいいのかまとめます。

まず【利用者側】としては、IEを使用することを辞めましょう!

後継のウェブブラウザには、MicrosoftEdgeというウェブブラウザがあります。
他にもメジャーなブラウザとして、GoogleChrome、MozillaFirefoxなどがあります。

今までIEを使用されてきた方は、これを機に新しいウェブブラウザを探してみることをオススメします。

一方の【開発、システム管理側】としては、IEを前提に開発したシステムが社内に無いか、再確認しましょう。

もしあれば、運用が止まらないために何らかの対策が必要になると思います。
これを機にモダンなウェブシステムに作り直すのもいいかもしれませんね!

 


以上、IEのサポート終了によって生じる我々への影響と、その対策、でした!

いかがでしたか?
サポート終了まで一年弱ありますので、それまでに着実に準備を進めておきたいですね。

《関連記事》
こちらもあわせてお読みください。

【印刷会社が作るWEBサイトは強い!】訪れたくなるサイトを作るコツとは

【Googleサイトで業務改善】社内ポータルサイトを作って改善できたこと

【Gmailの便利機能】すぐにできる業務改善!

TAG:WEB 時事 

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る