印刷会社の日焼け対策とは

課題解決

関東地方も6月7日から梅雨に入り、本格的な夏まであと少しです。
すでに5月から日差しが気になる陽気となり、日焼け対策をされている方も多い思います。
では印刷物の日焼け対策とはどのようなものでしょうか。

色褪せはなぜ起こる?

皆さんの中にも、屋外に貼られたポスターが色褪せしているのを、見たことがある方もいると思います。
これは太陽光に含まれる紫外線によって、インキ顔料の性質が変化することで起きる現象です。

オフセット印刷では、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの基本4色でカラーを再現しています。(家庭用のインクジェットと同様です。)
このうちイエローとマゼンタは紫外線に弱く(特にイエロー)、長時間紫外線にあてておくと元の色合いが損なわれ、印刷物全体が色褪せた印象となることがあります。

日焼け対策:耐光インキ

耐光インキとは、紫外線などによる成分の分解を抑制するインキです。
このインキを使用することで一般のインキを使用した印刷物より、長い間色褪せるのを抑えることができます。
ただし一般インキと比べ特別な顔料を使用しているため、色の鮮やかさが低いことをご承知ください。

この点は私たちが使う日焼け止めクリームと似ていますね。

TAG:印刷  

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る