【横書きと縦書き】日本語ならではの使い分け。その文化はいつから?

コラム

横書きと縦書き

世界に存在する文書は、大きく分けて、横に進む「横書き」と縦に進む「縦書き」に分かれています。
その中でも日本は、「横書き」と「縦書き」を使い分ける、珍しい国であると言えると思います。

当社は印刷会社なので、「書く」よりも「組む」という言い方をします。
そのため、通常は「横組み」「縦組み」という言葉を使いますが、今回は「横書き」「縦書き」 で話を進めていこうと思います。

日本の横書き文化のはじまり

皆さんご存じのように、「縦書き」は漢字の国の中国が元祖。
その中国の影響を受けた日本語は「縦書き」が基本でしたが、 近代以降は「横書き」との併用が行われるようになりました。

では最初に「横書き」が使われたのはいつ頃なのか。
歴史を探ると、 もともと横に長い看板や額、 暖簾のれんなどに1行で文字を入れる場合は、右から読ませる「横書き」が使われていましたが、出版物としての「横書き」が使われるようになったのは、18世紀後半の蘭学が紹介された頃、といわれています。

1788年(天明8)年、蘭学者大槻玄沢おおつきげんたくが刊行した蘭学の入門書「蘭学階梯らんがくかいてい」でオランダ語の文字が紹介されたのをきっかけに、「横書き」文書の存在が広く知られるようになり、これを模倣して日本語を横に組む出版物が現れました。

代表的なものが1806年(文化3)年に刊行された、戯作者の式亭三馬しきていさんばによる「小野おののばかむら嘘字尽うそじづくし」。パロディ満載の書物には、ひらがなをくずして90度回転させて「横書き」とした、「おいらんだ文字」が掲載されています。

右横書き

本格的な「横書き」文書が現れるのは明治になってから。
英語や独語などの辞書類は、欧文に合わせて日本語を横に組む必要がありました。

しかし、この頃から昭和にかけて「横書き」は、右から左へ、あるいは左から右へ読ませる「横書き」が入り乱れることになります。

ずっとこの状態が続いた昭和初期、当時は国粋主義的な論調が高まる中、欧米崇拝を嫌ってすべての「横書き」を「縦書き」同様に右から読ませる「右横書き」が推奨されるようになったのです。

左横書き

現在のように「左横書き」になったのは戦後。

欧米の翻訳文書が大量に出回るのをきっかけに広がり、1949(昭和24)年に猶予期間を設けながら「左横書き」化がはじまり、1952(昭和27)年に「公用文の作成要領」が通達されたことで「右横書き」は姿を消すことになります。

現在、「縦書き」は新聞、文芸書籍、雑誌、国語系の教科書などで使われ、他はほとんど「横書き」になりましたが、それでも中国や韓国に比べて「縦書き」文化がきちんと残っているのは、何でも取り入れる日本らしいところ。
ポスターやチラシ、パンフレットなどの印刷物は内容に合わせて「縦組み」「横組み」の混在も自由ですし、組み方の工夫でデザインの幅が広がることにもなりました。

 お問い合わせ

《関連記事》
こちらもあわせてお読みください。

【番外編】デザイナーに聞く!今アツいフォント

かっこいいデザインを作るときの、押さえておきたいポイント

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る