制作担当者が教えるパワーポイントのコツ

クリエイティブ

当社のサービスは、印刷はもとより、企画・デザイン、Webや動画など多岐にわたって展開しています。その中から今回は「パワーポイント(以下パワポ)」についてお話をしたいと思います。

パワポはWord、Excelと並んでOffice系ソフトの代表格です。広く普及されており、扱い易いソフトでもあるため、誰でも簡単にお使いいただけます。一方で、デザインに関してはどうでしょう。読みにくい、デザインがよくないなど、「ある程度までは作れるけど、より良くする方法がわからい」とお悩みではないですか? そういったご相談を最近は特に多くいただいております。

では、どうすればより良くできるのでしょうか?
簡単に始められるパワポのコツを3点ご紹介します。

1.おすすめフォント

まずは美しいフォントを選びましょう。
基本的に「明朝体」より「ゴシック体」が読みやすいとされています。次にフォントはタイトル、本文の2書体だけにしましょう。色々なフォントを使い過ぎますとデザインの統一感がなくなってしまいます。最後に注意点として「フォントの文字ズレ」が挙げられます。いただいたパワポを開いたら文字がズレてる…。なんて経験はありませんか?これはPCにそのフォントが整備されていないと起きる現象です。このズレを防ぐためにPCに「標準」で整備されているフォントを選ぶことがコツです。

以下が当社のおすすめフォントです。

Windows環境
・メイリオ…Windows Vista以降から整備されており、POPな印象です。
・游ゴシック(Windows 8.1以上)…落ち着いた印象です。

Mac環境
・ヒラギノ角ゴシック…非常に美しいフォントです。

2.色づかいにルールを設ける

色は基本的に黒(文字)+メインカラー、サブカラーの3色だけにしましょう。あれもこれもとついつい色を使いがちになりますが、結果的にはごちゃごちゃした美しいとは言えないデザインになってしまいます。白地(余白)を大きく残し、色は必要最低限にすると美しいデザインになります。

※パワポはオリジナルのカラーパレットも設定できますので、非常に便利です。

3.パーツは揃える

紙面にはタイトル、見出し、本文、グラフ、写真などさまざまな要素が混在します。なんとなく配置しただけですと、読みづらい仕上がりになってしまいますが、パーツの天地左右を揃えるだけで格段に読みやすくなります。

 

いかがでしょうか。簡単にパワポのデザインは美しくなります。
当社では今回ご紹介したコツ以外にも多くの手法でパワポのデザインに取り組んでおります。
デザインでお困りの際はぜひご相談ください。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る