クリエイティブ カメラマンアカツキのライティング基本講座

クリエイティブ / 写真

 

 

自社ホームページやSNSに商品写真を掲載する必要がある方は多いと思います。

できればプロが撮影したようなキレイな写真を掲載し売上アップにつなげたい!と誰しも考えます。
しかし、商品は頻繁に入れ替わるし、その都度プロに依頼するのは予算もかかり第一面倒だ…
なんとか自分達でキレイに撮影できないだろうか…

そんな方達にほんの少しですがライティングの基本をお教えします。

写真は光の表現術。

ライティングの目的は何でしょうか?
目的によってライティングは変わるのですが、基本的には被写体を立体的に見せるためのものです。
では、簡易スタジオキットを用いて基本である、
「白い背景で白い物を撮影する」を試してみましょう。

???

被写体は消しゴムです。消しゴムに向かって左右斜め前から同量の光をあてています。そのため被写体は平面的になって背景に溶け込んでしまい、何が写っているのか判らない失敗例です。
被写体が白いものでなければ、何が写っているか判りますが、メリハリのないクオリティーの低い写真になります。

 

ライトの位置は失敗例と同じですが、右側の光量をかなり落としています。
これだけで消しゴムの上面・前面・側面の明るさに違いが出て、立体的に見えてきます。
右側のライトは使わず、レフ板に変更しても同じような結果が得られます。

 

ライトはPhoto-2と同じですが、キリヌキ用に一味加えました。
被写体の側面に黒い紙を置くことで余計な光をカットし被写体の輪郭をハッキリさせました。

 

いかがでしょうか?

同じ被写体でも光の当て方でまったく表情が変わることが、わかると思います。
毎日の見慣れた光景も光を意識して見てみましょう。きっと感動する「光」に出会えると思います。

 

 

TAG:写真 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る