ご存じですか?校正記号 ~トルツメ編~

コラム

前回は、「改行編」として、改行・改段・文字位置修正の記号のお話をしましたが、今回は、一見簡単そうな「トル(削除)」についてです。はたして皆さんは、日頃正しく指示できているでしょうか?
(改行編の記事はこちらからどうぞ)

削除した部分の空白、ツメますか?アケておきますか?

文字などを削除したいとき、よく使うのがトルツメですが、「トル」を使う方もいます。「トル」は基本的には「トルツメ」と同じ、“削除してツメる” という意味ですが、なかには「トル」を、“削除したままツメない” という意味で用いる方もいるので混乱します。

ですから、修正間違いを避けるために「トル」は使わず、“削除したママ、アケ” ておきたい場合にはトルアキもしくはトルママと指示するとよいと思います。

修正指示の仕方

すでにお気づきかと思いますが、修正指示は原則カタカナを使います。

赤ボールペンで、削除(修正)したい範囲を○で囲むか、最初と最後の文字に斜線を引きそれを横線でつなぎ、引き出し線を伸ばして修正指示を書きます。

このときのポイントは、

・削除(修正)したい文字を指定するときは、塗りつぶしたりホワイトで消したりせず、元の文字が見えるようにしておくこと。

・範囲指定は、最初と最後の文字をハッキリさせること。(特に句読点を含むか含まないかなど)

・引き出し線は、それ以降の修正指示と重ならないよう、すでに校正が終わっている右上部分の欄外(空きスペース)などに伸ばして修正指示を書くこと。(できれば線が他の文字にかからないように)

ちなみに、修正指示は右上欄外に記入するのが基本ですが、そのために引き出し線が長すぎたり、引き出し線同士が交差すると混乱するので、その場合は適宜空きスペースに記入しましょう。

知っていると便利な記述記号の呼び名(その2)

文字と文字をつなぐ場合などに用いる短い横罫には、「ハイフン(半角):-」、「ダーシ/ダッシュ(全角):―」、「マイナス:-」などがあり、それぞれ長さと形が違います。書体によっても、それぞれ長さ・形のデザインが違いますので、Wordなどで自分が作った原稿と印刷用に組まれたもの(校正紙など)が同じにならないのはこのためです。

ですから、長さ・形を変えたいとき、この場合に限っては、「ハイフンにする」などの記述記号を使わずに、「もっと長く」や「もっと太いものに」などと言葉で指示をした方が思った通りに修正されると思います。

そして今回の、知っていると便利な記述記号の呼び名は、上記の横罫と間違えて使われていることもある「音引き(オンビキ)」です。伸ばし音や長音ともいい、カタカナ表記の「スポーツ」や「プリンター」などの「ー」のこと。記述記号といいながら、書体によっては太さの強弱があったり、文字として設計されているものもあるので、ダッシュなどと間違われていたら、「オンビキに」と赤字を入れてください。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る