世界を制したデザイン「アラベスク」をご存知ですか?

コラム

「アラベスク」をご存知ですか?という問いに、1980年前後のディスコ音楽をイメージする方や、クラシックバレエの基本姿勢、華麗に装飾されたクラシック音楽を想像される方と・・・さまざまな答えが返ってくると思います。
もちろんすべて正解ですが、語源は「アラビア風の」という意味で、一般的には、ヨーロッパ調の唐草模様のことです。

唐草模様とは

唐草模様はアジア特有のデザインのように見られがちですが、古代エジプトで生まれ、ヨーロッパやアジアに広がりました。基本はモスクの壁画などに見られるイスラム美術様式の一様式で、蔦や葉、花が複雑に絡み合う幾何学的な文様は、イスラムの世界観に基づいています。

日本の唐草模様

「アラベスク」が、シルクロード経由で中国から日本に伝わったのは、5世紀頃の古墳時代。高松塚古墳などからも出土している、海獣葡萄鏡(かいじゅうぶどうきょう)の葡萄の紋様も唐草模様です。やがて日本独特の花鳥風月を題材にした吉祥紋様が使われ、特に蔓草つるくさの生命力を発展に結びつけ、茎をどこまでも伸ばしていく唐草模様が、長寿、延命、子孫繁栄の象徴とされ、さまざまな日用品などに使用されました。

この唐草文様が緑地に白でデザインされた風呂敷が、明治から昭和にかけて大量生産されたおかげで、あの誰もがご存知の、泥棒が背負っている風呂敷包みになるわけです。つまり、当時の泥棒は手ぶらで家屋に侵入し、まず盗んだものを持ち運べる大判の風呂敷を探した。そこでだいたいどこの家にもあった風呂敷が利用されたというわけです。

 

世界を制した普遍的なデザイン「アラベスク」を、日本独特のシンプルな吉祥紋様に仕上げた唐草の風呂敷をもう一度見直して、マイバッグ感覚で使用してみてはいかがですか?最近は緑地だけでなく赤や紺などの色違いや、アレンジしたデザインも増え、こたつの上掛けや、タペストリーなどに使う人も増えているそうです。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る