サンタクロースの衣装はなぜ赤い!?

コラム

素朴な疑問、「サンタの衣装はなぜ赤いのだろうか?」。一説には1931(昭和6)年のコカ・コーラ社のクリスマスキャンペーン用広告にイメージカラーの赤を使ったという説がありますが、もっと昔から赤い衣装であったはずということで、歴史を遡って検証してみました。

いつから赤い服をきていた?

サンタクロースは、4世紀頃、小アジア(アナトリア半島・現トルコ)のキリスト司祭の聖ニコラウスの伝説がもととなり、さまざまなサンタ像がそこに重ねられた結果と言われています。その姿や、服装についてはまちまちでしたが、聖ニコラウス司教が儀式で着た服が赤い色だったと伝えられています。
1822(文政5)年に発表されたアメリカの学者クレメント・クラーク・ムーアの詩「聖ニコラウスの訪問」が、サンタクロースの姿を表現。8頭のトナカイがくソリに乗り、太った体型や白い髭、愛嬌のある顔が特徴のサンタクロースが登場します。その後アメリカの画家トーマス・ナストが1863(文久3)年に「ハーバーズ・イラストレイテッド・マガジン」誌上に赤っぽい衣装を着たサンタを登場させ、1890(明治23)年には「トーマス・ナストのクリスマス絵画集」を出版。それ以降、サンタクロースは一気に知名度を高め、さまざまな媒体に登場するようになります。

日本でのサンタクロース

日本では、1874(明治7)年。銀座で女学校を経営していた原胤昭はらたねあきが開いたクリスマスパーティに、殿様風スタイルのサンタが現れたのが最初と言われています。また、1898(明治31)年には、後に神戸新聞社の2代目社長となる進藤信義しんどうのぶよしが「さんたくろう(三太九郎)」を刊行。トナカイでなくロバを従え、袋ではなく柳行李やなぎごうりにプレゼントを詰めていたという設定でした。1914(大正3)年には子ども向け雑誌「子供之友」に赤い帽子、赤い服のサンタが登場しています。その後はクリスマス行事が普及していき、1928(昭和3)年の朝日新聞には「クリスマスは今や日本の年中行事となり、 サンタクロースは立派に日本の子供のものに」という記事が載るほどになりました。

 

因みにサンタクロースの白いトリミングのある赤色の正式な衣装は、「グリーンランドの国際サンタクロース協会」の世界公認サンタの装いということになるそうです。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る