【電飾看板の問題を解決した有能商品】高輝度電飾看板『LUFAS』の紹介

課題解決

こんにちは。CS推進課のイシカワです。
今回は、いまおすすめのメディア「LUFAS」を紹介します!

LUFASとは、デザインを印刷したファブリック(布)の周囲にラバーを縫製し、アルミフレームにはめ込むだけで簡単に完成するファブリックサインです。その手軽さから、世界中のサイン市場で大型ヴィジュアル・コミュニケーションツールとして広く使用されています。

従来の電飾看板にはいくつか問題点が…

現状、日本国内で広く使われている電飾看板は、アクリル素材をはめ込み、バックに蛍光灯を発光させる仕組みが一般的です。
この場合、いくつか問題点があります。

・アクリルは重量があり設営に多くの人員と時間を要する為、コスト高になる。1,500(H)×1,800(W)mmの電飾看板の付け替えには、最低2名で6万円の人員コストが発生。
・電飾看板はフィルムに印刷したものをアクリルに貼るため、きれいに仕上がらない。
・重量等の制約により大型化は無理。
・コスト的に高いが大型のものはさらに高くなる。

といった問題点が挙げられます。

高輝度電飾看板「LUFAS」で解決!

これを解決したのがLUFASです!

・従来の電飾看板と比べ、大幅に軽量化。アクリルを使用していないため、地震による面板割れ落下事故の恐れがない。また、ビジュアルをプリントするファブリックは防災品(防火協会認定)を使用
・通常、内照サイン交換の2時間程度の仕事で6万円程度の作業費が発生するが、LUFASは誰でも張替が可能なため、一度フレームを設置すれば、コンテンツの差し替えはユーザー側で可能
・LUFASは1㎜単位でのフレーム作成が可能で、どのような設置場所にもサイズを合わせることができる。アクリルでは不可能な大型サイズが可能で、現状では3,100㎜×7,000㎜の設置事例あり。
・特許を出願したフレーム加工によりたるみが出ない構造

画像だけでは伝わりにくい部分もあるかと思います。実際に実物を見ると、圧倒的スケールと高輝度を感じることができます!
ショールームへのご案内もしておりますので、気になった方はぜひ、ご相談ください。

TAG:看板 販促 集客 

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る