少し変わったDMはいかがでしょう?

課題解決

皆さまはDMが届いたらどうしていますか?
「興味があれば読むけど、なければポイかな。」
残念ながら大半の方の答えだと思います。

DMは商品案内、サービスの訴求または何かのお知らせなど
そのコンテンツをお客さまに伝えるために送ります。
もちろんコストもかかります。

でも、悲しいかな「ポイ」されてしまう…。
なんとかしたいですよね。

「それ、わたしのこと?」共感を呼ぶDM

今回ご紹介するDMは広報担当者さまへ「ワンストップサービスで業務改善を図りませんか?」と訴求したBtoB向けのDMになります。

通常のDMは内容を連想させる写真とキャッチコピーなどでデザインされています。
一方このDMはたった一行のキャッチコピーがあるだけです。
実はこのシンプルなデザインには狙いがあります。

DMを受け取ったお客さまは少なくとも表面を見て、そこで「ポイ」するかどうかの判断をしています。裏を返せばここで「必要だ!」と判断してもらえばよいのです。
ですので、このDMの表面は広報担当者さまが苦労しているであろう「ツール制作時の手配はお金のムダ…なにか方法ありませんか」と、お客さまが置かれている状況、「まさにわたしのことだ!」と共感できるキャッチコピーとそれを際立たせるために写真なども一切ありません。

つまり、「必要だ!」と判断させる、たった一行のキャッチコピーがあればお客さまに「読んでもらえる」DMにすることができるのです。

その他、ポップアップの飛び出すギミックや「ツール制作時の手配はお金のムダ…なにか方法ありませんか」のキャッチコピーにも型ぬき加工を使って、隠されたメッセージが浮かび上がってきたりと、お客さまに楽しみながら読んでいただけるようなDMに仕上がっています。

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る