【web担当者必見!】効果的なLPの条件とは!?

課題解決

みなさまは、WEBサイトを見て商品やサービスなどを購入した経験はありますか?

1つの商品やサービスを売るための縦長の1枚のページでできたwebサイトのことを、ランディングページ(Landing Page)と言います(LPと略されています)。
LPは商品やサービスの売上にダイレクトに影響するものです。そのため、しっかりと内容を考えたものを作成することで、高い成果をあげられるものにする必要があります。

効果的なLPにするためのポイント

効果的なLPにするためのポイントの1つに、情報を載せる順番があります。

LPは、基本的に上から順に読まれていきます。
順に読んでいってもらえる反面、「あまり興味がない」などと思われてしまうと、その場で見るのをやめてしまう…、ということがあります。まず、狙ったターゲットの方に続きを読んでもらうために、一番最初に心をつかむようなキャッチコピーやタイトルを載せます。

次に商品やサービスの内容を想像しやすくするための写真やイラストを載せたり、どんな人に向けた商品・サービスなのかを明確にしてあげます。また、信頼性を持たせるために、実績やお客さまの声などを載せることもLPにはよく見られる手法です。

先ほども申し上げたとおり、LPは上から順に読んでいくため、載せる情報の順番によって、続きを読んでもらえるかどうかが変わってきます。
また、LPの性質により、縦長になってしまうため、「大切なことは繰り返す」といったことも、よく使われる手法です。

それ以外にも、効果的なLPにするためのコツはまだまだあります。
LPに興味はあるものの、実際どうなの?と疑問に思ってはいませんか?
LPでどのような効果が得られるのか?
当社では、webマーケティングに関するセミナーを定期的に開催しています。セミナーの情報は、こちらよりご確認ください!

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る