名刺管理&ビジネスSNS「Eight」を使ってみた

課題解決

皆さん日々増えていく名刺の管理、どのようにされていますか??
今回はそんな悩みを解決してくれる便利なサービス「Eight」を紹介いたします。
年末年始にテレビCMも放送されていたので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもですね。
「名刺でつながる、ビジネスのためのSNS」

1.名刺を簡単にデジタル化できる!

操作は簡単です。いただいた名刺をスマホのカメラで撮影するだけ。
しばらくすると、自動的にデータ化されています。

2.ビジネスSNSの側面

Eightがすごいのは名刺管理にとどまらず、SNS機能もあることです。
オープンになってきましたがFacebookやInstagramはプライベートな内容も多く、ビジネス関係でのネットワークでは使いづらいという声も根強いですよね。
またBtoB企業の場合、自社の製品やサービスを投稿したとしてもあまり日常生活と接点が少ないというケースも・・・・。その点、ビジネスに特化したSNSであれば問題なしです。

3.企業アカウントの運用

個人のアカウントだけでなく、企業のページを作ることができます。
個人の発信とはまた違う、会社としての情報を発信することも可能です。
ツイッターと同じ要領で自分の好みの企業をフォローすることができ、またフォロワーに対して情報をプッシュすることができます。
ちなみに当社アカウントはこのような感じで情報を発信しております。

4.ビジネスSNSの可能性

まだまだ認知度の低いビジネスSNSですが、アメリカでは既に「LinkedIn」というビジネスSNSがあり、もはや使うのが常識というレベルまで普及しています。日本版もありますが、まだまだ認知度も低く、アクティブなユーザー数も少ないというのが私個人の見解で、Eightが先行しているように思います。ただ、先日のニュースで元ヤフーの執行役員 村上臣氏がLinkedInの日本代表に就任したニュースが発表されるなど、これからさらに盛り上がっていきそうです。
当社も昨年、Eightを通じてたくさんのご縁をいただきました。

5.最後に

今回はEightというビジネスSNSについて話をさせていただきましたが、運用をしていて感じたことがあります。
それはEightのみならず、自分の情報を積極的に発信することは非常に重要だということです。FacebookやtwitterなどさまざまなSNSがありますが、自ら情報発信をしなければ自社や自分のことを知ってもらうことは難しいのです。
日本人はどちらかというと気づきの文化が良しとされる傾向がありますが、自らを積極的にPRすることも同じくらい大切なのではと思う今日この頃です。

関連記事

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る