【DtoCって何?】今注目されている理由とは

課題解決 / 業務改善

最近、DtoCという言葉を耳にすることが増えてきましたが、みなさんはこちらの意味をご存じでしょうか?

DtoCとは、“Direct to Consumer”の略で、メーカーが自社の商品を卸売業者や販売業者などの中間業者を介さず、直接消費者に販売するビジネスモデルのことです。
販売手法としては、旗艦店などの実店舗で販売する方法もありますが、自社のECサイトを用いて消費者へダイレクトに販売することが一般的です。

DtoC解説図

なぜ今、DtoCが注目されている?

では、なぜ今DtoCが注目されているのでしょうか。注目されている背景を追ってみました。

①小売店や販売店で商品の寡占化が起きている

②ECの台頭で小売店の減少が起きている

③大手ECサイトでは手数料や価格コントロールが難しい

④コロナ流行で店舗が時短営業や休業している

①~③については、既に1~2年前から言われていることでしたが、最終的に加速するきっかけになったのは、④の影響です。

コロナウイルスの流行によって、店舗の時短営業や休業が余儀なくされたり、外出自粛の影響で以前のように消費者との接点を持つことができず、販売の機会を損失してしまっている状況が増えてきました。2回目の緊急事態宣言発出など、まだまだ安定しない状況がある一方で、世界ではワクチン増産・接種などの明るい兆しも見えてきています。

しかし、本当にコロナが終息したらすべてが元に戻るのでしょうか?第2のコロナが発生したら?等々、いずれにしてもこれからも決して安泰ではないという課題が残されています。

DtoCモデルを確立するために

もちろん、出来るだけ早く直接消費者との接点を持つことのできるDtoCモデルを立ち上げることをお薦めしますが、

まずはその前に、自社の商品力、ブランド力、マーケティングノウハウ、顧客の囲い込み策の土台を現担当・組織だけでなく、商品企画~マーケティング~製造~営業部門を巻き込んで作り込んでみてください。その先に進んでいくときっと強力なパートナーが必要になってくると思います。

私たち野毛印刷は、下図のようにDtoC企業さまをサポートするサービスや環境をすべて揃えています。

ロジ工房の解説図

DtoCをご検討される企業様は是非、お問合せボタンよりお気軽にご相談ください。お待ちしております。

 お問い合わせ

 


こちらもあわせてお読みください。

*販促活動における面倒な業務をすべて解消!クラウドサービス「LOGI工房」

【印刷から仕分け発送まで!】『ロジ工房』が販促の「面倒くさい」を解決します!

【ロジスティックスサービスの紹介】販促物の発送業務を見直すことで働き方改革を実現?!

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る