カメラマンアカツキのデジタル一眼レフ撮影講座Ⅴ

課題解決

こんにちは。カメラマンのアカツキです。

前回に引き続き商品撮影について書いてみたいと思います。

 

今回の題材は、腕時計です。

 

自動車と並び、撮影が難しいとされる代表的な商品ですが、

何がどう難しいのか、テスト撮影という形でご紹介したいと思います。

 

まず1つ目は、自立しないという点です。

時計のウラにアルミ板等を使ってキレイに整形し、

イエローワックスや練り消しなどで固定するのですが、これが結構難しい。

 

あまり器用でない私は、このての作業が実はとても苦手です(笑)。

 

次に、時計は「ガラスがはまった光り物」であり、「小さな商品」である点です。

小さなパーツにいかに美しく写りこみを作っていくか、

今回はわかりやすくするためにストロボは1灯のみで、

銀レフを使って写りこみを作り、合成していく方法をとります。

 

まず、時計上の奥からディフューザー越しに1灯、下に銀レフを入れます。

この時点では、まだ細部が表現されておらず、使えるレベルの写真ではありません。

 

次に、銀レフを数枚設置し、時計の左右と

上半分のディティールを再現させたものを合成します。

 

個々のパーツが大分再現させてきましたが、

まだいま一つ輝きがありません。

 

続いて銀レフの位置を変えて下半分と文字盤のディティールを

再現させたものを合成し、ひとまず完成です。

 

銀レフという小さな反射光源の位置を微妙に変えていかなければ、

小さくて複雑に組み合わされたパーツを再現できないことが、わかると思います。

 

今回はストロボ1灯なので、大きな窓の前にトレぺを垂らせば、

自然光でも近いものができるのではないでしょうか。

 

銀レフは安価に自作できるので、興味のある人は試してみてください。

光の繊細さを実感できると思います。

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る