動画の納品形態はDVDで大丈夫? 再生時に「しまった!」とならないために

クリエイティブ / 動画

その昔、「ブラウン管」というものがありました。もちろんご存知ですよね。
1939年の日本でのテレビの実験放送開始を経て、本放送が始まったのは1953年。それから50年後の2003年に現在のテレビ放送の規格である地上デジタル放送が始まりました。
デジタル放送は「ハイビジョン」と呼ばれる方式で、日本でこのハイビジョン放送が始まったのはつい最近のことなんですね。

当社の動画制作事業は、一般的に「フルハイビジョン」と呼ばれる規格で行っています。
こうして完成した動画は、お客様によって様々な媒体でご使用いただいています。
当社では、どのような媒体で放映するのかお客様のご要望にあわせて納品しています。納品形態は、主に以下の2種類です。
・mp4データ納品…PC環境での再生(SNS・Youtube投稿等を含む)
・DVDディスク納品…お客様の再生環境がDVDプレイヤーに限定されている場合(展示会上映など)
しかし残念なことに、DVDにすると画質が粗くなってしまうのです。

現在主流となっているテレビモニターの画面サイズは、ヨコ1920×タテ1080ピクセルのいわゆる「フルハイビジョン」で、地上デジタル放送を視聴する前提です。
しかしDVDは意外と古い規格で、わずかヨコ720×タテ480ピクセルという小さな画面サイズ。
その小さなサイズで記録されたものをテレビモニターでフルハイビジョンサイズに拡大しているので、画質の粗さが目立ってしまうのです。

せっかく完成した動画を、いざDVDで再生しようとしたら画質が粗い、というのは残念です。
お手持ちの再生機器がDVDプレイヤーのみ、という場合は仕方がありませんが、できることならハイビジョンサイズで見せたいところ。
PCで再生する、あるいはBlu-rayプレイヤーを導入するなどの方法もご検討されてはいかがでしょうか。

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る