眼鏡の上手な撮り方を、プロカメラマンが少しだけ紹介!商品撮影のポイントも!

クリエイティブ / 写真

こんにちは。野毛印刷で日々、さまざまな業界・商品の撮影を行っている、カメラマンのアカツキです。

今回は「眼鏡の上手な撮り方」ということで、撮影テクニックを少しだけ公開しようと思います。

眼鏡の撮り方なんて、誰も興味がないんじゃないの?…とも思うのですが、先日短期間で大量に撮影する機会があったので、その時のことを少々お話しようと思います。

プロの仕事にもいろいろあります。「ある程度の品質」を「短期間で大量」に「均一」に仕上げることも大切な仕事です。
「短期間で大量」でおわかりになると思いますが、おしゃれなイメージ写真ではなく、いわゆる「ブツ撮り」です。

短期間の撮影で大切なポイントは、商品の基本的な魅力を外さないことです。

では、眼鏡の基本的な魅力とは、どんなところでしょうか?
人により意見はいろいろ分かれるかと思いますが、今回は私の主観で書かせていただきます。

眼鏡の上手な撮り方その1

眼鏡の魅力のひとつは、形、ツルを含めた全体の「フォルム」だと私は思っています。

写真1

写真1は、70mmレンズで真正面から撮影したものです。
チラシ・ポスターなどでよく見るアングルですが、レンズの内側にツルが大きく入ってしまい、私個人としてはあまり格好いいとは思っていません。

そこで、少し上から見下ろすアングルから、ツルの長さが目立たないようにレンズを200mmに替えて撮影しました。

写真1より安定感があり美しいフォルムに感じますが、どうでしょうか?

少し手を加えることで、写真の印象も大きく変わりますね。

眼鏡の上手な撮り方その2

眼鏡の魅力の二つ目は、「輝き」だと思っています。
上手な眼鏡の撮り方というのは、その輝きを可能な限り再現することです。

撮影ではレフ板を使ってメタル感を再現させるのですが、眼鏡の撮影時に使用するレフ板は、白ではなく銀を使います。
銀レフを使うことで、輝きを再現できます。

銀レフを使って撮影した写真がこちらです。
眼鏡のメタル感を、上手く再現できているのではないでしょうか。

私は平凡な商品写真にも意思が込められている、と思っていますし、実際にそう見るようにしています。
そうすると、どういった点に注目して撮影をすると、その商品の魅力を引き出せるのか、といった着眼点が養えるのではないかと思います。

ちなみに、メタリックな商品の撮り方については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

カメラマンアカツキのデジタル一眼レフ撮影講座Ⅶ ―メタリックな商品をキレイに撮る方法―

ぜひこちらも読んでみてくださいね。

 


以上、本当に少しですが、「眼鏡の上手な撮り方」の紹介でした。

野毛印刷では、商品の物撮りはもちろん、人物、食品、風景など、さまざまな撮影を承っています。

「パンフレットの作成を、商品撮影からお願いしたい」
「会社案内用に社内の様子を撮影してほしい」
などなど、ご要望やお困りごとがございましたら、お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

 お問い合わせ

《関連記事》
これまでの撮影実績はこちらをご覧ください。

【遊び心のあるビジュアルに!】アネスト岩田様「BtoC向けツール」

【事例紹介】明治学院大学様「経済学部国際経営学科パンフレット」

【事例紹介】グリーンファーム様「Instagramフォトコンテスト」

 お問い合わせ

TAG:写真 

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る