【小売業の方は必見!】繁盛するストアの5つのサイクルとは

課題解決 / 販売促進

突然ですが、「繁盛するストア」の秘訣を皆さんご存知でしょうか?
小売業の方は特に気にされていると思いますが、よい商品を開発し、プロモーションがうまくいって集客を増やせても、購入、ご満足いただかないと意味がないですよね。
実は、繁盛し、成功しているストアには「5つのサイクル」があります。

繁盛しているストアのポジティブな5つのサイクルとは

その「5つのサイクル」とは、下記の要素を上手く回していくことです。

①Recognition(認知)
ブランドやストアが知られている

②Visit(来店)
競合と比べて自店を選んでもらう明確な動機を持っている

③Approach(接近)
商品に興味を引かせる仕掛け作りができている

④Engagement = Purchase (納得=購買)
楽しいショッピング体験で商品価値を理解して購入されている

⑤Satisfaction(満足)
ストアでのショッピング体験を思い出し自身のライフスタイルの中で商品を使用して満足している

繁盛するストアにするためには、現状課題を定量化する

この5つのサイクルを回していくには、根拠のある数値をもとに改善をしていく必要があります。
認知から来店への集客に関しては数値化が明確で、効果を出すためのPDCAを回しやく、Webプロモーション市場の拡大が示す通り、定着しているように思います。

一方、ストアでは皆さまどのように施策をたてられていますか?
ストアスタッフの肌感に頼っていませんか?

例えばスタッフの異動で店舗の状況が一変、という声もよくお聞きします。

ストアは季節や商品、ターゲットに合わせて売り場を日々改善されていると思いますが、その改善の根拠が、明確になるとよいですよね。
ストアの数値化によるストア分析=【見える化】を行うことで、購買率を上げる売り場改善が初めて可能になります。

繁盛するストアにするために

ぜひ、ストアを見える化して、5つのサイクルを回していきませんか。
ストア診断サービスとして、5つのサイクルが正しく機能するための診断、処方箋=ご提案を当社からさせていただきます。お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。


こちらの店舗装飾の記事もぜひお読みください。
*【透け感のある紙で上品な店舗装飾を】「ハンガータグ」のご紹介
*ショーウィンドウの装飾にぴったり!静電シールを使った店舗装飾事例

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る