営業から人事まで【部署別で考える】初めてのライブ配信。動画配信をはじめよう!

課題解決 / 販売促進

こんちには!ヒラメキ工房編集長のタナカトシキです。

新型コロナウイルスの猛威による働き方の変化は、ZoomなどのWeb会議システムを、広く一般に流通させました。今や多くの企業・団体がWeb会議システムを活用しており、SalesZineによるとその割合はなんと80%にも及んでいるんだそうです。

[参考:「ウェブ会議システム利用率は約8割、ビジネスチャットは5割弱 今後市場拡大の見込み/矢野経済研究所調査」SalesZine (https://saleszine.jp/news/detail/1663)]

 

また、最近見たネットニュースで、面白いなーと思ったことがひとつあるのでご紹介します。
JR東日本の社員の方が、「新幹線の競合はZoom」だと、ある記事で言っていました。
ドル箱ともいわれていた新幹線の東京→大阪間。出張のための移動手段でもある新幹線ですが、多くの方がZoomに取って代わられたそうです。

このように、市場や競合の変化が激しい状況の中で、いち早くその変化に察知することも重要ですよね。


さて、話を戻しますが、Web会議システムの増加と同じように、急激に増加したのが「ウェビナー」です。Web上で行うセミナーは、費用対効果が高い一方、比較的開催ハードルが低いこともあってか、多くの企業で続々と取り入れられています。

ウェビナーというと、特にBtoB向けの営業手法の1つともとらえられますが、コミュニケーションのあり方が変化する中、オンラインによるコミュニケーションが主流となる社会において、主催者と受講者間のコミュニケーションの双方向性を担保するためにも、ウェビナーなどのライブ配信を自社内で検討している企業が増えています。

今日は『営業から人事まで、部署別で考える初めてのライブ配信』と題して、それぞれの部署でウェビナーなどのライブ配信がどんな用途で活用できるのか、さらに効果的な撮影・配信方法なども詳しくご紹介させていただければと思います!

 お問い合わせ

部署別で考える、初めてのライブ配信!

ライブ配信と言っても、先述したように、ウェビナーはもちろん、さまざまな用途で実施が可能です。では、企業・団体がライブ配信を始める場合、どのような点に注意をすればよいのでしょうか?

一つひとつ、詳しくみていきましょう。

初めてのライブ配信「営業編」

まずは、営業のライブ配信の王道である『ウェビナー』

詳しくは、『ライブ配信の裏側。配信当日を1日レポートして感じたライブ配信を成功させるための秘訣』や、『【ウェビナーを始めたい方へ】メリットやデメリット、目指すべきゴールを詳しく解説!』という記事で、具体的な準備の仕方や注意点を紹介しているので、参考にしてください。

ウェビナーの最大のメリットは、会場費などのコストがかからず、人的リソースも最小限でできるところにあると思います。
また、受講者の視聴データやアンケート結果など、取得したデータをもとに、アフターフォローなどの営業活動ができ、データを根拠にPDCAを回せることもポイントです。

他に、営業が必要とするライブ配信の用途は、オンラインイベントやオンライン展示会の開催・参加が当てはまるでしょう。

コロナ禍で特に難しくなっている新規営業活動ですが、その代替え策としてオンライン上の展示会を独自で企画・開催したり、出展・参加して、自分たちのオンライン上のブース来訪者に対してプレゼンテーションやデモンストレーションをライブ配信で実施する、といったことも増えてきています。(こんなバーチャル展示会プラットフォームのサービスもありました!https://service.meetxmeet.com/)

このように、顧客接点強化や営業機会の創出としてライブ配信を実施するのが、営業の方の主な用途ではないでしょうか。

営業の方が上記のようなライブ配信を実施する際、注意点は複数ありますが、その中でも特に『売りたい商品・サービスから逆算した企画』になっているかが重要です。

もちろん、「受講者が知りたいのは『製品や機能』ではなく『課題解決のためのヒント・ノウハウ』である」という概念は忘れてはいけませんが、自分たちの商品・サービスにどう結び付けるかを逆算して考えていくことが成果に直結していきます。

また、ライブ配信の場合、速報性、臨場感が求められてくるので、事前準備として、どのような質問がくるか、それに対しての回答を用意しておく必要があります。

淡々とスライドを読むだけといった、一方通行のウェビナー内容では飽きられるので、合間合間にZoomでいう投票機能を使ったクイズやアンケートを投げかたり、動画を流したりといった工夫があるといいでしょう。

 

初めてのライブ配信「人事編」

次に「人事編」です。
人事では採用系、研修系の二つが用途としてあります。

採用としては、Web説明会があげられます。
新卒採用を活発にやられている企業の人事の方であれば、新型コロナウイルスの影響もあり、採用のオンライン化としてすでに実施している方も多いかと思います。

Web説明会には、「ライブ配信型説明会」「録画配信型説明会」があります。
録画配信型説明会は、あらかじめ録画しておいた説明会をネット上で自由に見ることができるため、凝った演出なども可能で学生に伝えたい内容をしっかりと伝えることができます。

一方、ライブ配信型説明会は、就活生とチャット機能を利用してリアルタイムでコミュニケーションを取ることができ、就活生が気になったことを随時質問することができるので、オンラインでも一人ひとりの学生に向き合い、疑問を解消することができます。

「リアルの会社説明会なら参加しないが、隙間時間で視聴できるWeb説明会なら見る」という学生や、参加したくても物理的な距離が問題で参加できなかった地方学生も、Web説明会なら参加できるという理由で、応募が見込めます。

担当の方の視点で考えても、移動時間・準備時間などの工数を削減できることはメリットの一つではないでしょうか。

また、研修の面でもライブ配信による動画研修が増えてきています
コロナ前では、全国の営業所や支社などに講師が飛び回って研修を行っていることが一般的でしたが、コロナ禍で一切そのようなことができなくなりました。

ライブ配信による研修に切り替えることで、PCやスマホがあればだれでもどこでも視聴ができるため、一斉に多数への配信が可能になります。直接会って説明する方が細かいコミュニケーションはできますが、ライブ配信を採用する方がコスト削減もしかり、細かなニュアンスを伴う伝達も正確に伝わり、理解度も向上します。

アーカイブ化、コンテンツ化しておけば、必要なタイミングで繰り返し再現できるなど、拠点、部門による情報の偏りがなくなります。

このように、人事でもライブ配信による用途は複数あり、導入効果もすぐに実感できるのではないでしょうか。

人事の方が上記のようなライブ配信を実施する際、注意点は配信コンテンツの機密性です。社内向けの動画配信を行う際は、社外に漏らしてはいけない機密情報が多分に含まれているため、配信側、受信側ともに注意が必要です。
セキュリティを高めるためには、パスワードの設定をはじめ、ワンタイムURLの活用、研修参加者のリスト管理など、Webにアップするリスクを十分理解して対応していく必要があります。

 


さて、ここまで部署別でライブ配信のポイントを見てきましたが、ここ最近でZoomやVimeo、Teams、YouTubeLiveなど、さまざまな配信プラットフォームが台頭して、スピーディかつ低価格でライブ配信が可能になりました。専用のプラットフォームで配信をするために、コンテンツに連動した広告の表示や、権利に基づいた視聴エリアのコントロールなど、情報発信の仕方は益々進化を遂げています。

当社では、企業広報におけるオンラインコミュニケーションの価値を創出し、新しいサービスをご提供するため、ライブ配信サービスを新たにリリースしました。
当社撮影スタジオを拠点に、出張対応も含め、動画撮影やライブ配信設備を拡充することでオンラインシフトを加速させ、ニューノーマルなプロモーションから、企業広報・採用広報のあり方を創出しています。

ぜひ、ライブ配信を企画する際は、当社までご相談いただけたら幸いです。

 お問い合わせ

関連記事

関連サービス

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る