紙エコペーパークラフト サッカーボールを作ってみた

コラム

こんにちは!
デザイナーのちゃんくぎです。

当社の隠れた人気商品、「紙エコペーパークラフト サッカーボール」。
素朴な質感が魅力の「エコ間伐紙」を使った、ハサミ・糊・テープを使わずに作れるペーパークラフトです。
組み立てたサンプルが社内のあちこちに転がっているのですが、入社して2年半が経過しているのに、一回も組み立てたことないぞ…
というわけで、皆さまへのご紹介もかねて、組み立てに挑戦したレポートをお届けいたします!

1.パーツをひたすら切り取る

リニューアルしたてのパッケージを開封すると、中には6枚のパーツシートが。

早速切り取っていきます。まずは、見るからに数の多いジョイントパーツから。

これ、ペーパークラフトを切り取るときのプチプチ感が好きな人にはたまりませんね。

プチプチ…プチプチ…

ジョイントパーツが終わったら、ボールパーツを抜いていきます。
穴の部分を切り抜くのがめんどく…いやいや、いっぱい切り取れてうれしいなあ。うふふ。

全部切り取れました。(途中から家族に手伝ってもらったのはここだけの話)

2.折りスジに沿って折り曲げる

パーツには折りスジが入っているので、それに沿って折り曲げていきます。

このように。

すべて折ります。気分もすっかりジョイントパーツ職人になったところで、組み立…

まだこいつらがいた!!

全部折れました。

3.パーツ同士をつなげながら組み立てる

いよいよ組み立てです。
色がついている五角形のパーツの周りに、六角形のパーツをつなげていきます。

ここまでやって思い出したのですが、私、組み立てたことありました、サッカーボール。
急にサンプルが必要になり、三人がかりで作ったのですが、六角形の周りに六角形をくっつけている箇所があり(ぼーっとしてたんでしょうね…)楕円形の仕上りになりました。
あれ?ラグビーボールだったけコレ?とか言ってた気がしますがそんな訳ないですよね。

そんな思い出があったおかげで順調につなぎ合わせていたのですが、こんな風に反りかえってきちゃいました(なぜ?)。
反りかえりたがるパーツたちに不安を覚えつつも、さらにつなげます。

どんどんつなげていくと、反りかえりも落ち着いてきました。

隣り合ったパーツ同士をキチンとつないでいけば、だんだんと球の形に近づいてきます…急に球!急に球!(歓喜)

そして、いよいよラスト1パーツ!

できた―――――!
ほどよい重量感があり、かなりしっかりとした仕上りです!
小さなお子様やワンちゃんのおもちゃにもできそう!
汚れたら解体して捨ててしまうこともできるので、アウトドアの時の遊び道具などにも使えそうです(と思って「野毛印刷キャンプ部」に持っていこうと思っていたのに、すっかり忘れてました)。

私が組み立てにかかった時間は1時間とちょっと。
序盤の切り取りには時間がかかりますが、難しくないので楽しく作れます。

「紙エコペーパークラフト サッカーボール」は、黒・青・赤・緑の4色と、ハロウィン仕様の「お化けかぼちゃ」・クリスマス仕様の「サンタボール」の計6種を展開中です。

当社オンラインショップにてご購入いただけますので、よろしくお願いいたします!

お問い合わせ

運営会社

販促デザインを得意とする横浜の印刷会社です。デザイン制作から型抜き印刷・製本・出荷・配送を完全に内製化し、短納期の印刷ワンストップサービスを提供しています。

詳しく見る